彩の国環境ネットワークプラザ(埼玉県内の自然系・環境系イベント情報)

◆埼玉県内の自然系・環境系イベント情報

埼玉県内の自然系・環境系のイベント行事をご紹介します。(一部、県外情報が含まれることもあります)

★ご利用の際は、左のカレンダーから検索をすると便利です。(緑色の日に行事があります)

・掲載希望の情報がありましたら利用規約をご一読の上、ご連絡ください


2017-11-26 伐採見学会 Oさんの家で使う木を伐ります!(特定非営利活動法人 木の家だいすきの会)/桜エコ・フェスタ2017 「未来につながる私のエコ・アクション」(さいたま市桜環境センター)

_ 伐採見学会 Oさんの家で使う木を伐ります!(特定非営利活動法人 木の家だいすきの会)

今回は、現在 設計者の中村さんが設計中のOさんの木の家で使う丸太も伐採する予定です。

何十年もかけて大きくなった木が倒れる時の音は、何とも言えず厳かな気持ちにさせてくれます。

_ 木の家だいすきの会では、協同組合彩の森とき川と一緒になって、低温乾燥にこだわると共に、

木材の品質向上(含水率、ヤング率)に取り組んでいます。

通常より少し時間がかかっても低温でゆっくり乾かすことで、

木の香りや色、また気持ちよさの源泉である調湿性能を落ちない木材になります。

そんな木材がどんな人達の手でつくられているのか、伐採と共にご紹介します。

伐採見学の後は、森に囲まれた製材所の広場で地元のきのこをたっぷり使った、きのこ汁がふるまわれます。

_ 日時 2017年11月26日(日) 10:00集合~お昼過ぎまで

_ 参加 ご家族1組 500円

_ 場所 比企郡ときがわ町西平2548-5

  電車利用-最寄り駅 東武東上線小川町駅(送迎あります)

  お車利用-関越自動車道 嵐山小川ICより40分

_ 主催 協同組合彩の森とき川

_ 締切 11月22日(水) 18:00まで

  参加者のお名前、住所、電話番号、メールアドレス、ご利用交通機関(送迎の有無)をメール、 

  電話のいずれかでご連絡ください。

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

木の家だいすきの会

_ 桜エコ・フェスタ2017 「未来につながる私のエコ・アクション」(さいたま市桜環境センター)

桜エコ・フェスタ2017は、約30の市民団体と授産施設と一緒に、楽しく環境を考え体験するイベントです。

「ゴミを少なくしなくちゃ」「環境のことも少しは考えなくちゃ」と思っている私たちの小さなエコ・アクションが

きっと大きな未来につながります。

いつもご利用くださっている皆さんにも、まだセンターにいらしたことのない方にもお越しいただき、

楽しみながら、エコに親しみ、学んでいただきたいと思っています。

今回は、「沈みつつある島国・キリバス共和国」の今を知る環境講座もあります。

ご家族・お友達お誘いあわせのうえ、ぜひこの機会に足をお運びください!

_ 日時 2017年11月26日(日) 10:00~16:00

_ 場所 桜環境センター 環境啓発施設1F・2F、多目的広場(屋外)

_ 対象 どなたでも。当日直接会場へお越しください。

_ 内容 約30の市民団体や授産施設による、展示・体験・飲食・ステージ・雑貨販売など。

  ○ライブスポット:エイサーや阿波踊り、流行の音楽まで、楽しいパフォーマンスのゾーンです。

  ○ディスカバリーゾーン:折り紙の傘やエコバッグ、ひょうたんライトが作れます。

  ○スクエアゾーン:一閑張りや革製品が作れます。笹目川の環境についてのパネルや焼却ゴミに関する展示もあります。

  ○3Rカフェゾーン:木の実を使った作品作りや、洋菓子やお団子、コーヒーなどの販売があります。

  ○多目的広場:ドングリを使ったゲームやエコ遊びが楽しめます

_ ■特別企画

○ゴミのゆくえ探検隊!

 パッカー車(ゴミ収集車)が通る道や、高温で溶かされたゴミが出てくる「出湯」シーンなど

 普段見られないゴミ処理工程を見学できるスペシャルツアーです。

_ 時間 10:00~(所要時間1時間30分)*当日受付の会のあります。

_ 対象 小学生以上の親子。探検隊参加希望の方は、11月10日より直接アクトセンター(048-710-5345)に電話でお申し込みください。

_ ■特別講演会

○市民のための環境公開講座 

 「国がなくなる!?」地球温暖化・気候変動最前線から  

_ 時間 11:00~12:00

_ 会場 桜環境センター 2階 大会議室

_ 参加 無料。申込み不要。当日時間までに会場にお越しください。

_ ★主催 桜エコ・フェスタ2017実行委員会

_ ★同時開催 障害者授産製品見本市

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

さいたま市桜環境センター

2017-11-23 【荒川クリーンエイド2017】 鴻巣市 大芦橋、糠田橋、御成橋(鴻巣の環境を考える会)/彩の国環境大学公開講座「パリ協定から始まる『脱』炭素化時代-地域の役割は?」(環境科学国際センター)

_ 【荒川クリーンエイド2017】 鴻巣市 大芦橋、糠田橋、御成橋(鴻巣の環境を考える会)

今年も、荒川流域のさまざまな場所で、河川清掃活動が開催されます。

荒川のごみがいつの日かなくなり豊かな自然が維持されるよう、皆さまのご参加をお待ちしています。

_ 日時 2017年11月23日(木・祝) 8:00~12:00  雨天中止

_ 場所 ①糠田橋下流糠田運動場(JR高崎線「鴻巣駅」または「北鴻巣駅」より徒歩約40分)

  ②大芦橋下流コスモスアリーナ (JR高崎線「吹上駅」より徒歩約30分)

  ③御成橋下流コウノトリ郷公園 (JR高崎線「鴻巣駅」より徒歩約30分)

_ 申込 事前申込不要

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

荒川グリーンエイド

_ 彩の国環境大学公開講座「パリ協定から始まる『脱』炭素化時代-地域の役割は?」(環境科学国際センター)

環境科学国際センターでは、このたび、身近な問題をグローバルな視点で考える「彩の国環境大学」公開講座を開催いたします。

今回のテーマは、「パリ協定から始まる”脱”炭素化時代-地域の役割は?-」です。

「猛暑」や「集中豪雨」、「土砂災害」など、身近な事象にも地球温暖化の影響を感じさせられるようなことが起きています。

地球温暖化に今「ストップ」をかけることが、持続可能な社会(地球)を未来に引き継ぐために必要と言われていますが、

「脱炭素化をめざして、世界の動きはどうなっているのか?」、「私たち一人ひとりはそれぞれの地域でどのような取り組みができるのか?」、

今最も身近で、かつグローバルな環境問題である「地球温暖化」について、ご一緒に学んでみませんか。

ぜひ、ご参加ください。

_ ■内容

・演題:パリ協定から始まる“脱”炭素化時代ー地域の役割は?ー

・WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン) 気候変動・エネルギーグループ長 山岸 尚之氏

_ 日時 2017年11月23日(木・祝) 13:00~15:00

_ 会場 環境科学国際センター研修室

_ 対象 どなたでも

_ 定員 150人(申込順)

_ 参加 無料

_ 申込み 締切11月22日(水)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

環境科学国際センター

2017-11-19 【荒川クリーンエイド2017】 鶴ヶ島市 大谷川 太田ヶ谷地区・藤金地区(大谷川クリーン大作戦市民実行委員会)/11月の自然観察会 「樹を写してオリジナル図鑑を作ろう」(NPO法人エコ.エコ)

_ 【荒川クリーンエイド2017】 鶴ヶ島市 大谷川 太田ヶ谷地区・藤金地区(大谷川クリーン大作戦市民実行委員会)

荒川流域のさまざまな場所で、河川清掃活動が開催されます。

荒川のごみがいつの日かなくなり豊かな自然が維持されるよう、皆さまのご参加をお待ちしています。

_ 今回大谷川の中と岸辺のごみを清掃します。ごみ拾い後はトン汁とおにぎりを用意しています。

_ 日時 2017年11月19日(日) 9:40受付開始 雨天中止

  (実施は10:00~12:00の予定)

_ 場所 ①太田ヶ谷会場

  集合:鶴ヶ島市立南中学校北側内野園駐車場

  

  ②藤金会場

  集合:鶴ヶ島市旧給食センター北側広場

_ 申込み 事前申込み

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

荒川クリーンエイド

_ 11月の自然観察会 「樹を写してオリジナル図鑑を作ろう」(NPO法人エコ.エコ)

樹の幹拓本作り、葉っぱの図鑑作り、植物の名前調べ樹の皮や葉っぱの模様を拓本のように写し取り、

オリジナルの植物図鑑をつくりましょう。葉の色だけではなく、葉の形にも注目してもらい秋を楽しみましょう?

_ 日時 2017年11月19日 (日) 9時30分~11時30分頃

_ 集合 見沼自然公園 東屋

・バスはJR大宮駅東口からバス「さいたま東営業所行き」23分「締切橋」下車・自家用車の場合は自然公園に駐車場あり

_ 案内 吉田峰規さん(公財)埼玉県生態系保護協会 主任研究員 

_ 定員 40名 

_ 参加 大人500円子ども100円(保険代等)

_ 服装・持ち物 帽子長袖長ズボン(汚れてもよい服装)、飲み物、あればクレヨン、色鉛筆、鉛筆

      

申込 参加希望の方は事前に申し込んでください。参加者氏名、お子さんの年齢と当日の連絡先(中止の場合の連絡に使います)

  保険の関係で11月16日締め切り、定員に達し次第締めきります

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

NPO法人エコ.エコ

2017-11-18 【荒川クリーンエイド2017】戸田市 戸田橋周辺(戸田公園駅側)(Eco埼玉)/埼玉大学連続市民講座 part 8 「埼玉を流れるもの -水と人- 」開催のご案内/【荒川クリーンエイド2017】 朝霞市 黒目川・浜崎黒目橋周辺(あさか環境市民会議/黒目川に親しむ会)/2017交通安全・環境フェア はたらく車in埼玉スタジアム2002(一般社団法人 埼玉県トラック協会)

_ 【荒川クリーンエイド2017】戸田市 戸田橋周辺(戸田公園駅側)(Eco埼玉)

今年も、荒川流域のさまざまな場所で、河川清掃活動が開催されます。

ごみ拾いの前に自然観察会「植物の不思議」を予定しております。お子様連れも大歓迎。マイボトルを持って参加ください。

荒川のごみがいつの日かなくなり豊かな自然が維持されるよう、皆さまのご参加をお待ちしています。

_ 日時 2017年11月18日(土)  

_ 受付 9:00、9:00~11:30 頃実施予定、雨天中止

   戸田橋上流左岸階段護岸前荒川河川敷

_ 交通 埼京線「戸田公園駅」西口から徒歩約10分

_ 実施団体 埼玉県生態系保護協会戸田・蕨支部、戸田市市道路河川課、荒川夢クラブ

  詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

_ 埼玉大学連続市民講座 part 8 「埼玉を流れるもの -水と人- 」開催のご案内

埼玉大学と読売新聞さいたま支局の共催による連続市民講座も、回を重ね、本年度8回目となりました。

これもひとえに、市民のみなさんの積極的なご参加が得られた結果であります。

もともとこの講座は、埼玉大学における研究成果の一端を市民のみなさんに紹介しながら、

豊かな地域づくりのお役に立ちたいという目的で始まりました。

そこで本年度はその初心に立ち戻り、教員個々人の研究成果と「埼玉」をつなげることを眼目にして、

今回のテーマ「埼玉を流れるもの -水と人- 」を設定してみました。

「埼玉」は、そこに住む人々、そこに形成される社会、そしてそれらを取り囲む自然、などで成り立っていますが、

その重要な構成要素が、「埼玉」をいわば血液のように流れる「水と人」であるといえるでしょう。

このような観点を踏まえた上で、講師の先生方には講座の内容を考えてもらいました。

様々な角度から「埼玉」の姿を映し出し、私たちが住む地域の過去/現在/将来について、一緒に考える内容にしたいと思っています。

多くのみなさんのご来場を心よりお待ちしております。

_ ■内容 

秩父の自然の恵みを活かす~森と水と人との関わり~  化学分析支援センター准教授 藤原 隆司

_ 日時 2017年11月18日(土) 14:00~15:40(開場13:00)

_ 場所 埼玉大学 全学講義棟1号館3F 1-301講義室(住所:さいたま市桜区下大久保255)

_ 参加 無料

_ 定員 350人(事前申込み不要・当日先着)

  *定員を超えた場合は別室にてモニター受講となります

  *手話通訳をおこないます

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉大学→公開講座一覧

_ 【荒川クリーンエイド2017】 朝霞市 黒目川・浜崎黒目橋周辺(あさか環境市民会議/黒目川に親しむ会)

今年も、荒川流域のさまざまな場所で、河川清掃活動が開催されます。

荒川のごみがいつの日かなくなり豊かな自然が維持されるよう、皆さまのご参加をお待ちしています。

_ 黒目川の水質や魚も調べます。終わったらおしるこを一緒に。親子参加も大歓迎!

_ 日時 2017年11月18日(土) 雨天中止

_ 受付 9:00 リサイクルプラザ、産業文化センター先の浜崎黒目橋のたもと集合

  (実施は9:30~11:30頃の予定)

_ 交通 東武東上線 「朝霞台」駅から徒歩約10分

   JR武蔵野線 「北朝霞」駅から徒歩約7分

_ 申込 事前申込不要、直接会場にお越しください。

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

荒川クリーンエイド

_ 2017交通安全・環境フェア はたらく車in埼玉スタジアム2002(一般社団法人 埼玉県トラック協会)

「2017交通安全・環境フェア はたらく車in埼玉スタジアム2002」は、様々なはたらく車が大集合し、見て触れて体験できるイベント!

楽しいステージショーやワークショップ、お子様に人気のアトラクションなど内容も盛りだくさんです!

_ 日時 2017年11月18日(土) 9:30~15:00 小雨決行

_ 参加 無料

_ 場所 埼玉スタジアム2002 東駐車場

_ ■内容

○ステージイベント&交通安全教室

 仮面ライダービルドショーや交通安全教室、地域のこどもたちによる発表ステージをお楽しみ頂けます。

_ ○ワークショップ 埼ト協・学びの学校

 ダンボールでトラックを組み立て小物入れを作ります。参加者はクイズに答えると、こども安全運転免許証をプレゼント!

 

○乗り物&アトラクション

 ふわふわランドやロードトレインで遊べるよ!クイズラリーや着ぐるみキャラ撮影会も開催!

○児童絵画コンクール 授賞式・入賞作品展示 

 第14回 児童絵画作品コンクール授賞式、入賞・佳作作品展示を同時開催。こどもたちの素晴らしい力作をぜひご覧下さい!

_ 主催:一般社団法人 埼玉県トラック協会

協賛:(一社)埼玉県バス協会/(一社)埼玉県乗用自動車協会/自動車タイヤ販売会社

後援:国土交通省関東運輸局埼玉運輸支局/埼玉県/埼玉県警察本部/さいたま市教育委員会/越谷市教育委員会/川口市教育委員会/さいたま市消防局

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

一般社団法人 埼玉県トラック協会→特設サイト

2017-11-15 【なまりんバスでGO!】取手式循環型社会 見学会(環境ネットワークよしかわ)

_ 【なまりんバスでGO!】取手式循環型社会 見学会(環境ネットワークよしかわ)

市民が20世帯のモデルから始め、今では1700世帯へと広がった生ごみのたい肥化施設。

平成15年には地域づくり総務大臣表彰を受けた23年間の実績をもつ市民団体の活動を見学に行きます。

_ 日時 2017年11月15日(水) 8:30吉川市役所集合

_ 場所 取手市生ごみたい肥事業 @NPO緑の会

_ 定員 30名(参加無料・昼食実費負担) 

_ 申込 吉川市民活動サポートセンター 048-984-1888(内線232)

  (9:00~18:00 第1、3水曜は休室)

_ 締切 11月7日(火)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

環境ネットワークよしかわ

2017-11-14 2017県民の日特別企画~遊んで 学んで サイエンスの扉を開こう~(環境科学国際センター)/県民の日協賛・さいたま市教育委員会後援「環境わくわく体験」開催(埼玉県環境検査研究協会)

_ 2017県民の日特別企画~遊んで 学んで サイエンスの扉を開こう~(環境科学国際センター)

11月14日は埼玉県民の日です。

展示館の入場料がどなたでも無料になるほか、県民の日限定の楽しいイベント(すべて無料)も行ないます。

県民の日は、環境科学国際センターで遊んで学んでサイエンスの扉を開こう!

_ 日時 2017年11月14日(火) 9:30~16:30

_ ■内容

・研究所大公開 

10:00~15:00 普段は非公開の研究所内部を特別に大公開!

_ ・マイナス196℃の世界

 (1) 10:00~10:40(2)12:30~13:10(3)15:00~15:40 

  会場先着順・各回定員120名

_ ・空気ってチカラもち!?  

 (1)11:20~11:50(2)13:50~14:20  

  会場先着順・各回定員120名

_ ・自然塩を作ろう 

  海洋深層水から自然塩ろ作ろう!    

 (1)10:00~11:30 

  当日朝8:50から展示館前で整理券配布(先着順)

_ ・外来生物を見てみよう     

 外来生物って知っていますか?ヒアリやカメツキガメ、ライグマなどもともと日本にいない生き物たちです。

 私たちにとっても危険なことも。今回は、そんな外来生物のはく製や標本を展示します。

 9:30~16:30 直接会場にお越しください

_ ・見てみよう感じてみよう 秋の生態園  

 (1)11:00~12:00(2)13:40~14:40

_ ・オカリナコンサート    

 (1)9:15~9:45(2)11:30~12:00

_ ・ウォーキングwithダイナソー

 (1)9:00~16:00 時間内に連続で繰り返し上映します

_ ・コバトンと記念撮影しよう 

 (1)9:00~16:30

 ・オリエンテーリングクイズ       9:30~16:30       ・炭焼き体験             9:00~11:00 雨天時は中止   詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。 環境科学国際センター

_ 県民の日協賛・さいたま市教育委員会後援「環境わくわく体験」開催(埼玉県環境検査研究協会)

当協会におきましては、11月14日の埼玉県民の日に協賛団体として参加します。

昨年度に引き続き身近な環境問題をテーマとした小学生向けの体験型イベント「環境わくわく体験」を実施します。

_ 日時 2017年11月14日(火)埼玉県民の日

_ 場所  一般社団法人 埼玉県環境検査研究協会 (さいたま市大宮区上小町1450番地11)

_ 内容  ・「水の汚れを調べてみよう!」

   ・「環境クイズ!」

・「音をはかってみよう!」

・「空きビンでスノードームを作ろう!(100名限定)」

・その他(お楽しみお土産、当協会案内や活動内容、出版物等の展示など)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県環境検査研究協会

2017-11-13 九都県市エコドライブ講習会<エコトレーニング>参加者募集~環境に、お財布に、人にやさしい運転、学べます~

_ 九都県市エコドライブ講習会<エコトレーニング>参加者募集~環境に、お財布に、人にやさしい運転、学べます~

九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)では、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)と連携して、

下記のとおりエコドライブ講習会を開催します。環境にやさしい運転方法であるエコドライブは、燃費が向上し、地球温暖化対策や大気汚染防止に有効です。

さらに、安全運転にもつながります。

講習では、個別にエコドライブを指導し、受講者のエコドライブの実践に役立ててもらいます。

また、環境にやさしい車として、燃料電池自動車等の試乗も行います。

_ 日時 2017年11月13日(月) 13:00~17:00

_ 開場 埼玉自動車学校(一般財団法人 埼玉県交通教育協会)

_ 住所 さいたま市北区植竹町2-2

_ アクセス JR宇都宮線土呂駅下車 徒歩10分

_ 定員 21名(応募者多数の場合は抽選)

_ 応募条件 (1)埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県にお住まい又はお勤めの方

    (2)JAF会員の方

_      上記(1)、(2)に当てはまる方で普通自動車の運転免許を所有して運転歴1年以上の方(失効・免停中ではないこと)

_ 参加 1028円(保険代、テキスト代等。講習会場で申し受けます)

_ 申込締切 2017年10月26日(木)

_ 申込・問合せ 

申込先:(一社)日本自動車連盟(JAF)東京支部

申込方法:電話、ファックス又はE-Mailで、上記申込先にお申し込みください。

ファックス又はE-Mailでお申込みの場合、氏名(ふりがな)、性別、生年月日、連絡先住所、電話番号、運転歴年数と「埼玉会場」を明記してください。

電話03(6833)9130 / ファックス03(5440)2563

E-Mail : tokyo-safety@jaf.or.jp

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県→【総合案内】エコドライブについて 

2017-11-12 環境省グッドライフアワード環境大臣賞受賞及び「こめまめPJ」冊子刊行記念 第2回下里あったかいぎのご案内 (NPO生活工房つばさ・游)

_ 環境省グッドライフアワード環境大臣賞受賞及び「こめまめPJ」冊子刊行記念

第2回下里あったかいぎのご案内 (NPO生活工房つばさ・游)

「持続可能な未来を市民の手で創る」をいうテーマで気仙沼で牡蠣漁師が山に植樹されている事例を通して考える講演会と

日本初の有機の里小川町下里集落の「食」と「エネルギー」自給への果敢な挑戦についてご紹介させて頂きたいと思います。

たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。

_ 日時 2017年11月12日(日) 13:30~16:00 

_ 参加 無料

_ 場所 小川町農村センター 埼玉県比企郡小川町下里459-1

_ 講演 「漁師が山に木を植える理由」

_ 講師 NPO森は海の恋人 畠山 信氏 

  1978年気仙沼市生まれ。地元の高校を卒業後、C.W.二コルのもとで生態学・生物調

  査法等を学ぶ。その後、鹿児島県屋久島を中心に環境教育、生物調査に携わる。帰郷し、

  牡蠣漁師として生活しながら2009年にNPO法人森は海の恋人を設立。

  2011年3月、東日本大震災による大津波で被災。震災後の自然環境を活かした持続可能な地域づくりを展開している。

  映画『地球交響曲第8番』出演。JAPAN OUTDOOR LEADER AWARD 2017特別賞受賞。

  ・NPO法人森は海の恋人 副理事長

  ・日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会 基準委員

  ・気仙沼市震災復興市民委員会 委員

_ 内容 小川町下里1区集落は、日本初「有機の里」として、2010年日本農林水産祭村づくり部門で天皇杯を受賞、

  その後、天応皇后両陛下の行幸啓という栄誉によくしました。

  有機の里として「食」と「エネルギー」自給、そして生物多様性の持続可能な地域づくりを目指し、

  集落の里山と田んぼを結ぶ「下里の山ー(槻)川ー下里の田んぼプロジェクト」を展開し

  地域の人たちで「下里里山100年ビジョン」を策定しました。

  同じ田んぼで連作障害なく何千年にもわたってお米を作り続けることが出来るのか?

  美味しいお米を作り続けるにはどうすればいいのか?

  古より津波の後は海が豊かになり牡蠣がなぜたくさん採れるのか?

  これらの課題について、里山の腐植質とフルボ酸鉄の研究者元北海道大学・松永勝彦先生と

  共に長年活動をされてきた気仙沼のNPO森は海の恋人 畠山信さんに漁師でありながら山に

  木を植える活動をされている理由と実践についてお話しをお伺いし、私たちの目指す

  「持続可能な地域と有機農業の有り様」について考えたいと思います。

  また、環境省より「つなげよう!ささえよう森里川海プロジェクト」リーダー・中井徳太郎氏に

  森と田んぼのつながりと多様性、そしてCOP22の「4/1000イニシアティブ」などに ついてお話し頂きます。

  さらに、今回、「OKUTAこめまめPJ」が環境省グッドライフアワード環境大臣賞受賞及び冊子刊行記念として、

  『提携3原則による持続可能な地域づくり」をOKTUA・山本社長及び下里提携農家の皆さんにお話し頂きます。   

  腐植質の事について知りたい農家、生物多様性の地域づくり、提携3原則による企業CSRについて知りたい方、など奮ってご参加下さい。

_ 主催・問合せ・申込み:NPO生活工房つばさ・游 高橋 090-4453-6355  ogawamap@tubasa-u.comまで

_ 参考FB:https://www.facebook.com/yuuko.takahashi.98


2017-11-11 ふれあい市野川クリーンアップ作戦(ふれあい市野川クリーンアップ作戦協議会事務)/「秋色のトトロの森でいきもの探し!」(公益財団法人トトロのふるさと基金)/NPO法人さやま環境市民ネットワーク NPO創立10周年記念の集い(NPO法人さやま環境市民ネットワーク)/2017彩の国 食と農林業ドリームフェスタ(彩の国食と農林業の祭典実行委員会)/都幾川源流の森づくり(ときがわ山里文化研究所)

_ ふれあい市野川クリーンアップ作戦(ふれあい市野川クリーンアップ作戦協議会事務)

東松山市と吉見町の間を流れる市野川にて、地域のロータリークラブ、自治会、学校、商工会、企業等が協力して清掃活動を行います。

河川とふれあう良い機会です。皆さまの参加をお待ちしています。

地域交流イベントとして、地元有志による豚汁の振る舞いや、川に親しめるよう市野川に生息する魚の展示なども企画しています。

_ 日時 2017年11月11日(土) 9:30~12:00  雨天中止

_ 場所 吉見百穴前の市野川河川敷集合

_ 対象 どなたでも

_ 参加 無料

_ 申込 当日可

_ 問合せ ふれあい市野川クリーンアップ作戦協議会事務局(東松山ロータリークラブ内)電話0493-24-0255(月・火・木・金10時~16時)

   または県東松山県土整備事務所(電話0493-22-2333)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県→イベントカレンダー

_ 「秋色のトトロの森でいきもの探し!」(公益財団法人トトロのふるさと基金)

ちびっこも一緒にどうぞ!

トトロの森にいきもの探しにでかけましょう。

さわやかな秋風そよぐトトロの森はわくわくもいっぱい。

森での探検のあと、クロスケの家に向かいます。

_ 日時 2017年11月11日(土) 10:30 「早稲田大学」ゆきバス終点下車

_ 解散 クロスケの家で13:30ごろ解散

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

公益財団法人トトロのふるさと基金→新着情報詳細

_ NPO法人さやま環境市民ネットワーク NPO創立10周年記念の集い(NPO法人さやま環境市民ネットワーク)

NPO法人さやま環境市民ネットワークが創立10周年を記念して記念事業が下記に開催されます。

_ 日時 2017年11月11日(土) 

_ 場所 狭山市民会館

_ 開場 13:20

_   13:50 第一部 記念の集い

      ☆主催者挨拶・さや環の歩み報告

      ☆来賓のご紹介・ご挨拶

      ☆「環境標語・川柳」優秀者表彰

_   14:20 第二部 ドキュメンタリー映画「武蔵野」~江戸時代の循環型農業が息づく地~

      ☆上映の前に 原村政樹監督のご挨拶を予定しています。

  

  チケット 大人一般1200円、会員1000円、高校生・大学生800円、小学生・中学生500円

 

閉幕 16:40

_ 主催 NPO法人さやま環境市民ネットワーク

_ 後援 狭山市、狭山市教育委員会、狭山市観光協会、新狭山ロータリークラブ

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

NPO法人さやま環境市民ネットワーク

_ 2017彩の国 食と農林業ドリームフェスタ(彩の国食と農林業の祭典実行委員会)

埼玉県の農業・農山村の素晴らしさや、県産農産物のおいしさが味わえる県内最大の農業祭です。

コープみらいも埼玉県内の生協と一緒に出展します。

_ ■内容 県産グルメ、園芸相談、木工教室、ステージイベント

_ 日時 2017年11月11日(土)、12日(日) 各9:00~15:30

_ 場所 所沢航空記念公園 広場(住所:所沢市並木1-13)

_ 参加 無料

_ 申込 不要

_ 交通 西武線「航空公園駅」徒歩すぐ

  *駐車場なし

  *公共交通機関をご利用ください。

_ お問い合わせ 彩の国食と農林業の祭典実行委員会事務局(JA埼玉県中央会 内)

      TEL.048(829)3309(9時~17時・土日祝休)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

コープみらい→イベント

_ 都幾川源流の森づくり(ときがわ山里文化研究所)

都幾川源流の森づくり」事業に当NPOの継続事業で、すでにブナ、楢、クヌギ、トチ、ケヤ、山桜、

エゴ等の落葉樹7種約1,200本の植栽、水場の設置、ログデッキ、遊歩道の整備も行いました。

植栽した苗木が順調に育つよう下草刈りや蔓等の刈り払い作業を行います。

また、昼には人気の猪鍋・鹿鍋も予定しています。

森づくりに関心のある方是非ご参加ください。

_ 日時 2017年11月11日(土)、11月18日(土) 9:30~15:00

_ 集合 ときがわ町大野  七重窯場

_ 参加 一般500円、会員無料

_ 定員 30名(先着申込順)

_ その他 山に入れる作業着、弁当、靴、飲み物、有ればのこぎり、鉈、鎌等持参

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

ときがわ山里文化研究所

2017-11-09 【国土交通省との共催イベント】見学会 入間川水系の治水・防災施設(埼玉県立川の博物館)

_ 【国土交通省との共催イベント】見学会 入間川水系の治水・防災施設(埼玉県立川の博物館)

国土交通省荒川上流河川事務所との共催による企画展関連イベントとして、入間川水系の治水・防災施設の

見学会を開催します。

川越市、川島町に設置されている水位観測所や排水機場などにご案内いたします。

(各施設へはマイクロバスで移動します)

見学を通して、普段あまり目にすることのない河川の観測所や、排水機場などの治水施設を回りながら、

河川増水時の各施設のはたらき、治水・防災について学べます。

_ 日時 2017年11月9日(木)

_ 集合 13:00 東武東上線鶴ヶ島駅(案内サインを持っている係員が受付します)

_ 解散 16:00 JR/東武鉄道 川越駅前 

_ 参加 無料

_ 定員 15名(申込順)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県立川の博物館→イベント情報

2017-11-05 木とのふれあいまつり(一般社団法人埼玉県木材協会)

_ 木とのふれあいまつり(一般社団法人埼玉県木材協会)

一般社団法人埼玉県木材協会が主催する「木とのふれあいまつり」は、

多くの県民のかたがたに木材の良さを知っていただくことを目的としていることから県が後援を行っています。

_ ■内容

「県産木材展示コーナー」をはじめ、「模擬上棟式(おかしまき)」や「親子木工教室」、「木育教室」など、

木の良さを直接感じながら親子で楽しめる催しや、様々な木材製品の販売が行われます。

また、「住まいのなんでも相談コーナー」や「住宅設備機器の展示」なども行われます。

さらに、農林産物の販売や、屋台でおいしいものの販売も行います。

_ 日時 2017年11月5日(日)

_ 場所 株式会社東京木材相互市場 吹上市場(鴻巣市袋1-1)

_ 参加 無料(一部のイベントでは、材料等が必要な場合もあります)

_ 主催 一般社団法人埼玉県木材協会

  各市場買方組合

_ 問合せ 一般社団法人埼玉県木材協会

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1-14-13

Tel:048-822-2568

Fax:048-824-0720

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県→木とのふれあいまつりの開催について

2017-11-04 見沼自然散策(見沼たんぼのホームページ)/里山.com(さいたま緑のトラスト1号地)サトイモ収穫(特定非営利活動法人エコ.エコ)

_ 見沼自然散策(見沼たんぼのホームページ)

ガイドクラブ主催のツアー「見沼自然散策」は、見沼たんぼの自然を観察し、その豊かさ・大切さを伝えるものです。

屋外での観察のほか、学習室を利用し、室内講座も行います。

_ 日時 2017年11月4日 

_ 集合 さぎ山記念会館・学習室(さぎ山公園内) 9:30~12:30

_ 内容 晴天時/さぎ山記念公園、見沼自然公園、加田屋たんぼ、斜面林などを散策しながら、植物や昆虫、野鳥など様々な生き物を観察。

      観察を通して、見沼たんぼ地域の自然の豊かさを大切に伝えます。その後、学習室で振り返りや短時間の講座を行ないます。

  雨天時/学習室で自然を知る講座を行ないます。

_ 参加 300円

_ 定員 20名

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

見沼たんぼのホームページ→イベント情報

_ 里山.com(さいたま緑のトラスト1号地)サトイモ収穫(特定非営利活動法人エコ.エコ)

さいたま市にある見沼田んぼで里山体験を実施し、多くの人たちに里山の恵みや収穫の楽しさを経験していただけるプログラムです。

_ 日時 2017年11月4日(土) 13:15~16:00頃

_ 場所 さいたま緑のトラスト1号地、東屋集合(さいたま市緑区南部領辻字三角)

_ 参加 各回1人200円(種代等諸費用、保険代等)

_ 定員 15家族程度(要申込み・先着)*小学生以下は保護者同伴

_ 交通 JR「東浦和駅」からバス「さいたま東営業所行き」で15分、

  「総持院」下車 *駐車場あり(トラスト1号地脇 10台)

_ 問合せ 特定非営利活動法人エコ.エコ TEL.048(874)9811(9時~18時)FAX 048(874)9811

     E-mail: kaerunomaru@gmail.com

    (1.住所 2.参加者全員の名前(お子さんは年齢)3.TEL、E-mailアドレスを明記してください)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

特定非営利活動法人エコ.エコ

2017-11-03 県民の森ハイキング(埼玉県県民の森)/【荒川ゼミナールⅠ・川を知るウォーキング】カスリーン台風の痕跡を訪ねる(埼玉県立川の博物館)/ヤマメのふ化観察と稚魚の放流会(羽生水郷公園)/中津川の紅葉を見に行こう(埼玉県森林科学館)

_ 県民の森ハイキング(埼玉県県民の森)

県民の森内にある標高960mの「丸山山頂」からの眺めが平成27年3月13日に、埼玉県の指定文化財に指定されました。

そこで皆さまにも丸山山頂からの眺めを堪能していただきたく「県民の森ハイキング」を企画しました。

天気が良ければ、山頂からは身近に武甲山、その奥には奥秩父連峰、西には両神山、さらに八ヶ岳を望むことができます。

秋の一日、管理人の案内で県民の森でお楽しみください。

_ 日時 2017年11月3日(金・祝) 9:30~15:00

_ 場所 埼玉県県民の森(横瀬町大字芦ヶ久保字丸山北平896)

_ 集合・解散 西武秩父千芦ヶ久保駅

_ 参加 500円(1人につき)

_ 定員 10名、申込順

_ 申込 2017年10月10日〈日)から10月31日(火)までに電話にて埼玉県県民の森(電話0494-23-8340)へお申込みください。

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県→イベントカレンダー

_ 【荒川ゼミナールⅠ・川を知るウォーキング】カスリーン台風の痕跡を訪ねる(埼玉県立川の博物館)

ウォーキングをしながら河川について学習するイベント、「荒川ゼミナールⅠ」を11月より再開いたします。

再開1発目は、今年はカスリーン台風襲来より70年目という節目の年ということにちなんで、

カスリーン被害の現地(利根川流域)を歩いて学びます。

_ 日時 2017年11月3日(金・祝) 

_ 参加 100円(保険料)

_ 集合 栗橋駅西口に9:30 中止の場合は前日までにご連絡いたします。

  荒天の場合以外は実施する予定です(少雨決行)

_ 解散 東武日光線「柳生駅」前で午後16:00頃を予定

_ 定員 20名(申込順)

_ 対象 一般

    ※小学生等が参加の場合は、要保護者同伴の上、

      歩行距離やイベントの趣旨をふまえてお申込みください。

      実施時期、歩行距離等を踏まえ、今回は未就学児の参加はお断りさせていただきます。

     申し訳ありません。

_ 見学場所 ・カスリーン公園(堤防決壊地点)

    ・利根川旧流路

    ・旧北川辺町内に残る水塚

    ・埼玉、群馬、栃木の三県境

    ・北川辺郷土資料館 ほか

    ※全体で約10km歩きます。途中で切り上げることができる場所もあります。

     10km歩くのが難しい場合はその場所で切り上げることも可能です。

_ 持ち物 昼食と飲み物を必ずお持ちください。動きやすい服装、履きなれた靴、タオル、帽子、雨具、カメラ、

   筆記用具など、各自必要な持ち物の準備をお願いします。

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県立川の博物館

_ ヤマメのふ化観察と稚魚の放流会(羽生水郷公園)

埼玉県秩父地方を流れる荒川に生息する、ヤマメの卵を御購入していただき、御家庭で孵化や稚魚の育つ様子を観察していただきます。

また当日は『育て方教室』も開催します。飼育スタッフが飼育方法や注意点について解説致します。

なお希望者は12月9日(土曜日)に開催される稚魚の放流会に御参加いただけます。

皆様の御参加をお待ちしています。

_ 日時 2017年11月3日(金・祝)

_ 参加 一袋100円(入館料別途)

_ 申込 当日先着順

_ 場所 卵の配布(1000袋)--水族館庭池

  育て方教室--おさかなルーム(10:00、11:00、13:00、14:00 各回80名)

_ 放流会 2017年12月9日(土)抽選

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

さいたま水族館

_ 中津川の紅葉を見に行こう(埼玉県森林科学館)

地元ガイドにより、毎年多くの観光客が訪れる「中津峡」の紅葉スポットをご案内します。

紅葉にもイロハモミジ、ツタ、ハゼ、ウルシ、ドウダンツツジ、ニシキギなどのように文字通り紅色に紅葉する木もあれば、

イチョウ、ブナ、コナラなどのように黄色く紅葉する木もあります。今から紅葉する樹木が楽しみです。

なお、ご参加頂いた方は、木の葉のパウチ作り体験が出来ます。

記念・お土産としてお持ち帰りください。

_ 日時 2017年11月3日(金・祝) 10:00~14:00

_ 参加 1人につき、1000円(木の葉のパウチ作り体験付き)

_ 定員 10人(先着順)

_ 申込 埼玉県森林科学館(電話0494-56-0026)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県森林科学館

2017-11-02 うちの会社は大丈夫?今年もやります!平成29年度公害防止フォローアップセミナー(埼玉県環境部水環境課)

_ うちの会社は大丈夫?今年もやります!平成29年度公害防止フォローアップセミナー(埼玉県環境部水環境課)

企業活動を営む上で、周辺地域との共存は不可欠です。 

もし公害を発生させてしまうと、失われた信用を取り戻すのは容易なことではありません。

このため、埼玉県では、公害防止に携わる「公害防止管理者」などの皆様を対象として、

公害防止や環境管理に関わる研修会を開催しています。

_ ■公害防止全般(いずれか一日にご参加ください)

_ (1)11月 2日(木) 大宮ソニックシティビル市民ホール(大宮)

_ (2)11月15日(水) ウエスタ川越大会議室(川越)

_ (3)11月16日(木) 熊谷商工会館大ホール(熊谷)

_ ■騒音・振動

  11月28日(火) 県民健康センター(浦和)

_ ■水質

  11月29日(水) 県民健康センター(浦和)

_ ○時間、各会場ともに、開場:13:00 開会13:30 閉会16:30

_ ○定員 各会場とも130名

_ ○対象 工場・事業場で公害防止に携わる方、事業場のトップの方もどうぞご参加ください。

  ・公害防止統括者、公害防止管理者、公害防止主任管理者、公害防止監督者、公害防止主任者  

   その他の公害防止の業務に携わる者

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県環境部水環境課

2017-10-29 さいたまの水と森ふれあい体験(彩の国ふれあいの森)/第34回環境保全講習会「化学物質と私たちの暮らし~安全・安心へのアプローチ~」(埼玉環境カウンセラー協会)

_ さいたまの水と森ふれあい体験(彩の国ふれあいの森)

熊谷駅もしくは西武秩父駅からバスで奥秩父の水源地域を訪ねます。

彩の国ふれあいの森では森林インストラクターから要所でお話を聞きながら水源林を散策。

滝沢ダムでは、ダムの役割などを学ぶとともに主要な施設見学を実施します。

この体験を通じて水源地域を取り巻く現状や課題に対して理解を深めていただき、水と森の関係を学習する機会にしていただきたいと思います。

皆さんの参加をお待ちしています。

_ 日時 2017年10月29日(日) 

_ 対象 埼玉県在住の小学生以上(小・中学生は保護者同伴)

_ 参加 無料。昼食は各自持参してください。

_ 定員 50名。定員を超えた場合は抽選。

  初めて参加される方を優先します。

_ 場所 彩の国ふれあいの森ほか(秩父市中津川地内ほか)

_ 申込み 9月29日(金)までに、WEBか往復はがき(希望イベント名(さいたまの水と森ふれあい体験)、

   郵便番号、住所、氏名(参加希望者全員と子供は学年も)、電話番号、希望集合場所を明記)で

   県土地水政策課(郵便番号330-9301県土地水政策課(住所記入不要))へお申し込みください。はがきの場合9月29日必着です。

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県→イベントカレンダー

_ 第34回環境保全講習会「化学物質と私たちの暮らし~安全・安心へのアプローチ~」(埼玉環境カウンセラー協会)

化学物質による環境汚染、家庭での化学製品の使用など、私たちは、それをどのように捉え、安全・安心に向けて、どのようにアプローチしていったらいいのでしょうか。

基礎的な知識を専門家から学んだ上で、パネリストと参加者が一緒に議論し、考えていきます。

_ 日時 2017年10月29日(日)13:30~16:30(開場13:00)

_ 開場 埼玉会館 4A会議室(さいたま市浦和区高砂3-1-4)

_ 参加 無料(定員47名、先着順)

_ 主催 特定非営利活動法人埼玉環境カウンセラー協会(SECA)

_ 後援 環境省関東地方環境事務所、埼玉県、さいたま市

_ プログラム

1 基調講演「化学物質の安全・安心、化学物質リスクの基礎知識」

 講師 環境省認定 化学物質アドバイザー

_ 2 パネル・フロアディスカッション

 「私たちの暮らしにおける化学物質の安全・安心を考える」

 パネリスト 埼玉県環境カウンセラー協会化学物質検討委員会メンバー

       埼玉県環境部大気環境課 化学物質担当職員

_ お申し込み

参加をご希望される方は、事前にFAXまたはメールで下記事項をお知らせください。

FAX:050-3737-8405   メール:sai-eca@soleil.ocn.ne.jp

■お名前:

■ご所属:

■ご住所:

■ご連絡先(メール又は電話):

_ 連絡先

特定非営利活動法人埼玉環境カウンセラー協会

〒330-0055 さいたま市浦和区東高砂町11-1 コムナーレ9階

さいたま市市民活動サポートセンター メールボックスA-82

TEL:050-3610-1948


2017-10-21 日本一長い水管橋を歩いてみよう!荒川水管橋見学会を開催します(埼玉県営水道)/生きものいきいき隊(県自然学習センター)

_ 日本一長い水管橋を歩いてみよう!荒川水管橋見学会を開催します(埼玉県営水道)

10月の花といえば、コスモスを連想される方も多いと思います。

コスモスといえば、鴻巣市のコスモスフェスティバル、そして荒川水管橋見学会。

と、いう訳で、今年も鴻巣市のコスモスフェスティバルに合わせて荒川水管橋見学会を開催しちゃいます。

去年の見学会では、台風などの影響でコスモスの状態がよくありませんでした。

今年は満開のコスモスが見られるよう、スタッフ一同でコスモスの生育を祈っています。

コスモス以外にも、彼方に見える秩父連山の稜線や真下を流れる荒川など、荒川水管橋からは素晴らしい景色が堪能できるので

御家族・御友人をお誘い合わせのうえ、是非、荒川水管橋まで足を運んでみてください。

_ 日時 2017年10月21日(土)~22日(日)

_ 出発時間 各日10:00~15:30(受付は出発の30分前に済ませてください)

_ 場所 荒川水管橋

  吹上駅南口から約2キロ。吹上駅南口からコスモスアリーナふきあげまでシャトルバスの運行あり

_ コース 1 対岸まで渡る片道1.1kmコース(復路はシャトルバスで送迎)

    ⇒小学校4年生以上

_    2 途中で折り返す往復400mコース

    ⇒小学生以上。小学校1年生から3年生までは保護者同伴でお願いします。

_ 受付方法 当日現地で見学受付を行ないます。

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県→県営水道イベント情報

_ 生きものいきいき隊(県自然学習センター)

北本自然観察公園の自然は、昔から人がうまく利用することで残されてきた里山の環境です。

近年里山の管理不足により、身近な生きものたちが次々と姿を消し、生物多様性の損失が進んでいます。

生物多様性の保全は私たちが健全に生活していく上でとても重要です。

「生きものいきいき隊」では里山の生物多様性を保全するための環境管理作業を行います。

_ 日時 2017年10月21日(土) 9:30~12:00

_ 対象 高校生以上

_ 参加 無料

_ 定員 20名申込順

_ 問合せ 県自然学習センター (電話048-593-2891)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

県自然学習センター→イベント

2017-10-18 再生可能エネルギーセミナー「太陽エネルギーが拓く持続可能な未来・快適な暮らし」参加者募集

_ 再生可能エネルギーセミナー「太陽エネルギーが拓く持続可能な未来・快適な暮らし」参加者募集

東京都は、2030年度までに東京の消費電力に占める再生可能エネルギーの利用

割合を30%程度に高めることを目指しています。なかでも、太陽エネルギーに

関しては、都内の太陽光発電設備導入量を2030年までに130万kWに高めること

を目指し、様々な施策に取り組んでいるところです。

本セミナーでは、太陽エネルギーの更なる普及に向けて、パリ協定後の国際的な

動向、太陽光発電、太陽熱利用、メンテナンスなど、さまざまな観点から太陽エ

ネルギーに関する情報をご紹介するセミナーを開催します。

皆様からのご参加をお待ちしております。

_ ■開催概要

_ ○日時:10月18日(水) 13:30~16:30

○会場:都議会議事堂1階 都民ホール

    (新宿区西新宿2-8-1)

○対象:どなたでも参加できます

○定員:200名(先着順)

○参加費:無料

○主催:東京都環境局/(公財)東京都環境公社

_ ■プログラム

・「パリ協定が目指す脱炭素化手段としての再生可能エネルギー」

公益財団法人世界自然保護基金(WWF)ジャパン

気候変動・エネルギーグループ長 山岸 尚之氏

_ ・「太陽光を活かして ゼロエネルギー・プラスエネルギーの暮らし」

積水化学工業株式会社

住宅カンパニー商品企画部 技術渉外グループ長 塩 将一氏

_ ・「メンテナンスで、長く賢く利用」

一般社団法人 太陽光発電安全保安協会 事務局長 水野 衛氏

_ ・「太陽熱利用機器の技術革新と今後の諸課題について」

工学院大名誉教授 宇田川 光弘氏

_ ・「再生可能エネルギー普及に向けた東京都環境公社と東京都の取り組み

~環境先進都市・東京の実現に向けて~」

公益財団法人東京都環境公社

_ ■申込はこちらのホームページから

_ https://www.tokyo-co2down.jp/individual/seminar/re2017/index.html

_

■講師紹介

_ ○山岸 尚之氏 公益財団法人世界自然保護基金(WWF)ジャパン気候変動・エネルギーグループ長

ボストン大学大学院・国際関係論・環境政策修士。WWFにて政策提言・キャン

ペーン活動に携わる他、国連会議での情報収集・ロビー活動などを行っている。

経済産業省「地球温暖化対応のための経済的手法研究会」委員(2008年度)等

も務める。 主な著作に『脱炭素社会とポリシーミックス』(2009年)日本評論社(共著)。

_ ○塩 将一氏 積水化学工業株式会社

住宅カンパニー商品企画部 技術渉外グループ長

 国立神戸大学大学院 工学部環境計画学科卒。1985年積水化学工業(株)入社後、

一級建築士として住宅設計の業務に従事。1998年から太陽光発電システムの専

任担当として、スマートハウス関連の業務に従事している。

_ ○水野 衛氏 一般社団法人太陽光発電安全保安協会 事務局長

1994年コンサルティング企業においてISOコンサルティング事業部本部長に就任。

その後2009年に太陽光発電システム販売・施工会社を立ち上げ、住宅用・産業用

太陽光発電システム、蓄電システムの構築、販売・施工に携わる。2015年より現職。

_ ○宇田川光弘氏 工学院大名誉教授

工学博士。早稲田大学理工学部建築学科卒業。専門は建築環境工学。日本太陽エネ

ルギー学会会長(2010年~2012年)。東京都集合住宅等太陽熱導入促進事業新技術

審査委員会委員長(2011年~2016年)等の建築と環境分野の様々な委員会の委員を

務め、行政の政策策定にも関与。1984年空気調和・衛生工学会学会賞、1999年日本

建築学会賞受賞。『最新建築設備工学』(2010年)井上書院等、著書多数。

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

東京都地球温暖化防止活動推進センター

2017-10-14 親子で秩父鉱山を訪ねる(埼玉県立自然の博物館)/戸田市地球温暖化対策講演会「私たちの選択が未来を変える~幸せをもたらすエシカルな暮らしのすすめ~」(戸田市地球温暖化対策地域協議会)

_ 親子で秩父鉱山を訪ねる(埼玉県立自然の博物館)

親子で学べるバスツアーです。お子さんと一緒に埼玉が誇る鉱山「秩父鉱山」を訪ねてみませんか?

埼玉県の最奥に位置する秩父鉱山は、江戸初期に大量の金が産出した日本有数の鉱山だったことをご存じでしょうか。

今回の観察会では、当館学芸員が皆様とバスに乗り、秩父鉱山をご案内します。

河原では鉱石の観察や見分け方のレクチャーも行うので、鉱物について学ぶこともできます。

_ 日時 2017年10月14日(土) 9:20~15:00

_ 対象 小学生または中学生とその保護者

_ 参加 3800円(保険料込み)

_ 最少催行人数 24名

_ 集合 9:20~9:40 秩父鉄道「三峰口駅」集合、バス乗車(9:40に出発します)

_ 解散 15:00 秩父鉄道「三峰口駅」到着後

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県立自然の博物館

_ 戸田市地球温暖化対策講演会「私たちの選択が未来を変える~幸せをもたらすエシカルな暮らしのすすめ~」(戸田市地球温暖化対策地域協議会)

日時 2017年10月14日(土)10:00~12:00

_ 場所 上戸田地域交流センターあいパル3階ホール

_ 定員 100名(要申込・先着順)

_ 託児 8名(先着順、条件:1歳以上で未就学児の子)

_ 主催 戸田市地球温暖化対策地域協議会

_ 共催 目白大学、戸田市

_ 内容

10:00~11:00 基調講演

      講師 末吉里花 氏(一般社団法人エシカル協会代表理事)

11:00~11:10 休憩

11:10~11:30 学生による研究発表

      目白大学社会学部地域社会学科 飛田ゼミ

11:30~12:00 講師と学生によるパネルトーク

      司会 飛田 満 氏(目白大学社会学部地域社会学科教授)

_ 申込

2017年9月14日(木)から電話で受付

申込先 戸田市役所環境課環境政策担当(TEL:048-441-1800、内線344、377)


2017-10-09 赤岩峠登山(彩の国ふれあいの森)

_ 赤岩峠登山(彩の国ふれあいの森)

赤岩峠は、群馬県多野郡上野村と埼玉県秩父市(旧大滝村)との境にある峠で、標高1440mです。

現在のような車道ができる前は、赤岩峠を経て上野村と旧大滝村を行き来していました。

集落には、「赤岩峠の道を歩いて嫁に来た」という方が現在も健在しておられます。

今回の登山は、地元ガイドの案内により、片道約2時間のコースとなり、針葉樹林の山中を経て、

広葉樹林に入っていくと、色づきはじめた紅葉が楽しめ、峠より少し足を延ばせば周辺の山々などの眺望も楽しめます。

なお、ご参加頂いた方には、彩の国ふれあいの森埼玉県森林科学館に隣接する「こまどり荘」の温泉入浴券(当日限り有効)を差し上げます。

_ 日時 2017年10月9日(月・祝) 9:00~15:30

_ 対象 小学生5年生以上(小学生は保護者同伴)

_ 参加 1人につき1000円(当日限り有効「こまどり荘」の温泉入浴券付き)

_ 定員 10名で申込順

_ 問合せ 彩の国ふれあいの森管理事務所(電話0494-56-0026)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県→イベントカレンダー

2017-10-07 林業体験(埼玉県県民の森)/自然に親しむイベントデー「きのこの日」(埼玉県自然学習センター)/歩いて学ぶ大宮台地のドロツケ(埼玉県自然学習センター、埼玉県立川の博物館)

_ 林業体験(埼玉県県民の森)

「林業」ってどんなことをやるの?林業の現場は森の中にあり作業現場を見かけることは少なく、作業内容は一般に知られていません。

このイベントでは、林業で行う「間伐」「枝打ち」という作業を体験しながら、森林の大切さや林業の必要性について学びます。

作業葉をノコギリ使いますが、スタッフが丁寧に指導します。森林の作業であなたも気持ちのいい汗をかいてみませんか?

_ 日時 2017年10月7日(土) 10:00~14:00

_ 対象 小学生以上

_ 定員 10名、申込順

_ 参加 1人につき500円

_ 申込み 9/1から10/4まで電話で埼玉県県民の森(電話0494-23-8340)へお申込みください。

_ 場所 埼玉県県民の森(横瀬町大字芦ヶ久保字丸山北平896)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県→イベントカレンダー

_ 自然に親しむイベントデー「きのこの日」(埼玉県自然学習センター)

色もいろいろ、形もいろいろ、くらしもいろいろ。

そして、きのこたちは自然の中でとっても重要なはたらきをしています。

そんな不思議いっぱいのきのこに注目してみよう!というわけで、展示やイベントが盛りだくさんの3日間です。

なお、食べたり採集したりするイベントはありませんので、あらかじめご了承ください。

_ 日時 2017年10月7日(土)~9日(月・祝) 9:00~17:00

_ 対象 どなたでも(小学生以下は保護者同伴)

_ 申込 当日来館にて受付

_ 費用 無料

_ 雨天の場合 雨でも開催します

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県自然学習センター

_ 歩いて学ぶ大宮台地のドロツケ(埼玉県自然学習センター、埼玉県立川の博物館)

大宮台地西縁部の麦作地帯でかつて行われていた伝統客土法に「ドロツケ」があります。

これは荒川氾濫原の沖積土を火山灰台地の畑に肥料として運び入れる作業のことを指します。この方法は民俗学的、

また土壌学的に特異な伝統農法といえるでしょう。

今回のイベントでは、荒川が作り出した地形を歩いて確認し、沖積地の土壌、台地上の火山灰土壌と客土がなされた土壌を観察して

地域の特異な伝統農事について学びます。

_ 埼玉県自然学習センター内で大宮台地の火山灰土壌(黒ぼく土)を観察し、地形をみながら荒川の河川敷を歩きます。

高尾さくら公園を経て北本市内の農地(果樹園)で"ドロツケ"された土壌断面を観察し、学習センターに戻ります。

歩く距離は合計約6kmです。また、土壌標本採取の現場を見ていただく予定です(天候の状況により中止の可能性もあり)。

_ 日時 2017年10年7日(土) 

_ 集合場所 10:00 埼玉県自然学習センター(北本自然観察公園) 

_ 参加 100円(保険料)

_ 持ち物 昼食・飲み物をお持ちください。雨具・カメラ等は各自の判断でご用意願います。

   歩きやすい服装でお越しください。

_ 解散場所 15:00 埼玉自然学習センター 

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県立川の博物館

2017-10-06 AI導入で資源循環・廃棄物処理に画期的変化始まる(廃棄物資源循環学会セミナー)

_ AI導入で資源循環・廃棄物処理に画期的変化始まる(廃棄物資源循環学会セミナー)

現在、人々の耳目をひきつけている“AI”と資源循環・廃棄物処理の現在と今後の展開についてご紹介、議論します。

_ 日時 2017年10月6日(金)13:00~17:00 (受付12:15~)

_ 場所 北とぴあ(ほくとぴあ) 7階 第2研修室  

交通 ・京浜東北線 王子駅北口より徒歩2分 ・地下鉄南北線 王子駅5番出口直結

_ 定員 120名(先着)

_ 申込 事前申込と事前振込制。  振込締切9月29日(金) 15:00

_ 参加 会員:5000円、非会員:7000円、学生会員・学生:3000円、懇親会:4000円

_ ●プログラム概要

(変更になる場合があります)

_ 基調講演

「AIの基本知識と社会変化~人とAIは共生できるのか」NTTデータ技術開発本部 樋口晋也氏

_ AIと日本の政策

「AI活用ルール、新産業構造ビジョン」経済産業省 織田深志氏

「AIと資源循環製作」環境省 小岩真之氏

_ AI導入で資源循環・廃棄物処理に画期的変化始まる

「AIで需要予測し無駄な生産と廃棄物発生抑制」(一財)日本気象協会 本間基寛氏 

「情報技術による資源循環・廃棄物処理の進化」(株)シタラ興産 設楽竜也氏

「ごみ焼却施設におけるAI導入の展望」」(一社)日本環境衛生施設工業会 竹田航哉氏

_ AIは資源循環・廃棄物処理をどのようにかえられるのか

「資源循環・廃棄物処理とAI導入の展望」国立環境研究所 藤井実氏

_ パネルディスカッション

_ ※プログラムは変更になる場合があります。

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

廃棄物資源循環学会

2017-10-03 2017年度経営改善塾~環境と事業の一体化による中小企業経営革新の実現(一般社団法人日本経営士会 埼玉支部 環境経営研究会)

_ 2017年度経営改善塾~環境と事業の一体化による中小企業経営革新の実現(一般社団法人日本経営士会 埼玉支部 環境経営研究会)

今般、主に中小企業経営者・管理者の皆様方を対象に、環境視点による経営改善手法を中心とした講演や議論を行います。

持続可能な社会の構築とともに、各社様の事業活動に貢献して参ります。皆様、是非奮ってご参加ください。

_ 日時【1日目】2017年10月3日(火)14:00~17:00

 【2日目】2017年10月20日(金)14:00~17:00

_ 受講料 2日間で2,000円

_ 定員 75名(事前予約)

_ 場所 川口市民ホール(フレンディア)[埼玉県川口市川口1-1-1 キュポ・ラ4F]

_ 主催 一般社団法人日本経営士会 埼玉支部 環境経営研究会

_ 共催 一般社団法人日本経営士会 埼玉支部

_ 基調講演 経済産業省 関東経済産業局

_ プログラム予定

_ 1日目

14:00~14:10 開会挨拶

14:10~14:40 基調講演「環境視点による経営改善テクニック、国の省エネ関連補助制度」

      経産省 関東経済産業局

14:40~15:10 特別講演「企業が率先する低炭素な社会づくり~COP21から見えるもの~」

      環境ネットワーク埼玉

15:10~15:20 休憩

15:20~15:50 経営改善テクニック「機会と脅威を戦略に取り込む~生きた戦略で生き残る~」

      日本経営士会 埼玉支部

15:50~16:20 経営改善事例「飛躍を続ける企業の共通点」

      日本経営士会 埼玉支部 環境経営研究会

16:20~16:50 経営改善事例「不祥事から見えるもの~廃棄物処理法の罰則より~」

      日本経営士会 埼玉支部 環境経営研究会

16:50~17:00 閉会、環境経営研究会からのお知らせ

_ 2日目

14:00~14:10 開会挨拶

14:10~14:40 基調講演「環境視点による経営改善テクニック事例」

      経産省 関東経済産業局

14:40~15:10 特別講演「金をかけず、すぐできる 環境経営手法・改善事例紹介」

      (一社)MFCA研究所

15:10~15:20 休憩

15:20~15:50 経営改善事例「失敗しない資金計画の立て方」

      日本経営士会 埼玉支部 環境経営研究会

15:50~16:50 パネルディスカッション「省エネと経営」

      モデレータ:日本経営士会 埼玉支部 環境経営研究会

16:50~17:00 閉会、環境経営研究会からのお知らせ

_ ※企業交流会をお楽しみください。(2日目プログラム終了後)

10月20日(金)17:00~20:00(会費3,000円)

*プレゼンをご希望の企業様は事前に事務局にご連絡ください。(持ち時間5~10分程度)

_ お申し込み先[一般社団法人日本経営士会 埼玉支部 環境経営研究会 高橋洋子氏宛]

E-mail:youko_takahashi@titan.ocn.ne.jp

FAX:049-252-2231

_ 参加申込方法

①E-mail:貴社名・ご所属部署・役職、郵便番号・ご住所・お名前・E-mailアドレス・TEL・FAXを明記いただき、上記宛送信、お申込みください。

②FAX:チラシ裏面下記フォームにご記入の上、上記FAX送信をお願いいたします。

③受講料・異業種交流会参加費振込先:上記E-mailまでお問合せください。

_ 詳しくは、以下へお問合せの上、ご参加ください。

E-mail:youko_takahashi@titan.ocn.ne.jp


2017-10-01 アースデイ・イン・川越 昭和の街(第19回アースデイ・イン川越実行委員会)/生きもの観察ワークショップ (埼玉県生態系保護協会)/【荒川クリーンエイド】川島町 三ツ又沼ビオトープ(NPO法人 荒川の自然を守る会)/みどりの村秋の山歩き(埼玉県みどりの村)

_ アースデイ・イン・川越 昭和の街(第19回アースデイ・イン川越実行委員会)

アースデイ・イン・川越は、今年で19回目を迎えます。川越の自然の紹介をはじめ、直面する地球上の生き物、ゴミやエネルギーなどの環境問題について考え、地域に住む外国人との交流から国際理解を深めながら、「地球人」として世界の人々と共に、かけがえのない地球環境を守り、すべての人々と手を携えて平和で安全な世界を築くことを目的としたみんなのイベントです。

_ 日時 2017年10月1日(日)10:00~15:00

_ 会場 蓮馨寺・熊野神社・昭和の街(本川越より徒歩8分)

_ ※駐車場がございませんのでお車でのご来場はご遠慮ください。

_ 内容 マイせっけんをつくろう!

  ごみひろい散歩でエコマネーをゲット!

  太陽光電力で遊ぼう!

  ボーイスカウト、ガールスカウトたいけん

  子ども食堂にあつまれ!など

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

アースデイ・イン・川越 昭和の街

_ 生きもの観察ワークショップ (埼玉県生態系保護協会)

生き物の観察の方法と、観察会の開催に必要なノウハウをみんなで共有しましょう!

もちろん自然観察初心者の方、大歓迎です。

_ 日時 2017年10月1日(日) 9:00~15:00 小雨決行

_ 集合 ①東浦和駅改札前、9:00

  ②見沼自然の家、10:00

_ 解散 現地、15:00頃

_ 場所 川口市

_ 持ち物 お弁当、飲み物、雨具、動きやすい靴、汚れてもよい服装、あおれば観察用具(双眼鏡、ルーペ、図鑑など)

_ 参加 500円

_ 問合せ 事務局・自然かんさつの会担当

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県生態系保護協会

_ 【荒川クリーンエイド】川島町 三ツ又沼ビオトープ(NPO法人 荒川の自然を守る会)

荒川中流の三ツ又沼ビオトープの自然と

広い空を楽しみながらのごみ拾いはいかがですか。

_ 日時 2017年10月1日(日) 9:00~11:30

_ 集合 8:45受付開始/三ツ又沼ビオトーブ駐車場  

_ 申込み 事前のお申込みは不要です。直接会場にお越しください

_ 交通 JR高崎線「上尾駅」から東武バス「川越」行き『入間大橋』下車徒歩約20分

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

荒川クリーンエイド

_ みどりの村秋の山歩き(埼玉県みどりの村)

紅葉には若干早いですが、埼玉県みどりの村にも秋の足音が聞こえて来ました。

朝晩の気温差が大きくなってきのこの生育に適した季節になりました。

埼玉県みどりの村では、みどりの村秋の山歩き体験(きのこを見つけるぞツアー)を開催いたします。

地元の婦人会の案内で、園内を散策きのこの観察をしながら初秋の秩父を満喫、その後きのこ汁を食べて解散となります。

_ 日時 2017年10月1日(日)  10:00~12:00

_ 対象 小学生以上(小学生は保護者同伴)

_ 参加 500円

_ 定員 20名(定員を超えますと抽選にさせていただきます)

_ 問合せ 埼玉県みどりの村管理事務所(電話0494-75-3441)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県→イベントカレンダー

2017-09-30 -自然史講座-くらべて知ろう クモの生活(埼玉県立自然の博物館)/狭山丘陵自然観察会「花 蝶 蜻蛉 仲秋の野で」(埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター)

_ -自然史講座-くらべて知ろう クモの生活(埼玉県立自然の博物館)

クモと言えば、糸を使って網を張る姿が思い浮かびます。

日本には1,600種類ものクモがいて、すべてが網を張るわけではありません。

花の上で待ち伏せするものや、地中の穴に暮らすもの、ピョンピョンとジャンプするもの、ほかのクモの網に居候するものなど、さまざまな生活をしています。

今回の講座では荒川沿いに暮らすクモたちの習性を観察し、クモの多様な生活を理解します。

_ 日時 2017年9月30日(土) 10:00~12:00 

_ 場所 自然の博物館対象小学生以上(小学生は保護者の方と一緒にご参加ください)

_ 定員 30名(定員を超えた場合は抽選)

_ 参加 300円(保険料込み)

_

申込 9月12日まで

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県立自然の博物館

_ 狭山丘陵自然観察会「花 蝶 蜻蛉 仲秋の野で」(埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター)

秋を探しに狭山丘陵を歩きます。

_ 日時 2017年9月30日(土) 9:30~12:30

_ 対象 高校生以上

_ 定員 20人(申込順)

_ 参加 1名300円 

_ 持ち物 水筒、筆記用具、長袖、長ズボンなど

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター

2017-09-24 大人の自然観察会~粘菌の観察~(さいたま緑の森博物館)/北区 岩淵水門周辺(赤羽岩淵駅より)(ボーイスカウト東京)

_ 大人の自然観察会~粘菌の観察~(さいたま緑の森博物館)

植物のような、動物のような性質をもつ思議な粘菌を、朽木や落ち葉などに探して観察します。

あればルーペ持参。初心者向けです!

_ 日時 2017年9月24日(日) 9:30~12:00

_ 場所 さいたま緑の森博物館

_ 対象 中学生以上

_ 定員 20名(先着順)

_ 参加 100円(保険代)

_ 詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。

さいたま緑の森博物館→イベント

_ 北区 岩淵水門周辺(赤羽岩淵駅より)(ボーイスカウト東京)

荒川流域のさまざまな場所で、河川清掃活動が開催されます。

荒川のごみがいつの日かなくなり豊かな自然が維持されるよう、多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

荒川知水資料館(amoa)の前の旧岩淵赤水門と青水門の間の広場。

(アモア知水資料館を右に見る階段を上ると見えるクリーンエイドののぼり旗近く)に集合

_ 日時 2017年9月24日(日) 10:30~13:00頃まで 

_ 対象 どなたでも歓迎です。直接会場におよりください。

_ 申込 事前申込み不要。 お問合せ:090-3048-8835(ながさか)

_ 川の水の透明度調査も行います。どなたでもなん人でもご参加ください。(途中参加、途中帰りOK)

  詳しくは、以下をご確認の上、ご参加ください。 荒川クリーンエイド

彩の国環境ネットワークプラザ

サイト内検索

環境ネットワーク埼玉