彩の国環境ネットワークプラザ(埼玉県内イベント情報)

彩の国埼玉環境大賞(さいたま環境賞)受賞一覧

「埼玉環境大賞」は、環境保全や環境学習などに取り組む個人&団体、環境に関する社会貢献活動などに取り組む企業を表彰し、その功績を讃えます。 個人や県民団体を対象とする「県民部門」と、事業者を対象とする「事業者部門」があります。 ※さいたま環境賞は平成26年から「埼玉環境大賞」に名称変更しました。

 

平成28年度 彩の国埼玉環境大賞受賞者の決定

平成28年度の受賞者が決定し、平成29年2月6日に表彰式が知事公館にて開催されました。
  →詳しくは、こちらをご覧ください。(埼玉県環境政策課ホームページ)

 

過去の受賞一覧

 

平成28年度(第18回)

受賞者紹介パンフレット(PDF:1,282KB)

【大 賞】
番号 受賞者 活動内容
入間川の岸辺を美しくする会「左岸」
(狭山市)
 【テーマ】地域と連携し、訪れる人をもてなす緑と花の水辺空間づくり
河川敷中央公園(昭代橋~田島屋堰)を中心に約1.5キロメートルにわたり除草、清掃、植栽など、環境整備・美化活動に取り組んでいる。
外来植物の除去活動から始め、自生植物の保護育成、花壇、花の道づくりと活動を広げている。万珠紗華の花の道(1.2キロメートル)は、散策スポットとして多くの市民が訪れている。
見通しの良い景観づくりが、ごみ投棄の減少や防犯にもつながっている。清掃活動には、西武学園文理高等学校ラグビー部と市立西中学校の生徒や地元企業なども協力しており、地域に活動の輪を広げて美化意識を啓発している。
2 ファインモータースクール
(さいたま市)
 【テーマ】様々な世代へのエコドライブの啓発活動
自動車教習所ならではの環境に対する取組として、教習生全員が地球温暖化の仕組みを学び、燃料消費量やCO2排出量の削減につながるエコドライブの普及に取り組んでいる。
免許保有者、法人、自治体職員、自治会など地域住民などにも対象を広げてエコドライブ講習を実施し、また、自社イベントや地域イベントにより、親子に向けて啓発活動を行っている。
「ファインの森づくりプロジェクト」で、NPO法人への寄附と親子を対象とした森づくりを通じて、地球温暖化対策を啓発している。

【優 秀 賞】
番号 受賞者 活動内容
NPO法人ジョイライフさやま
(狭山市)
 【テーマ】環境保全の大切さを伝える自然体験・地域交流の創出
荒廃していた雑木竹林を地権者の要請を受けて再生、竹林を活用して地域交流活動に取り組んでいる。
筍堀り、カブトムシの幼虫飼育、竹細工教室などを開催し、世代間交流の中で環境保全の大切さを伝えている。
新たに入間川左岸の雑木林の整備にも着手し、いかだづくりイベントを開催したほか、児童館と協働で「さやまっ子元気プロジェクト」を立ち上げ、地域の自然を活用した体験事業に取り組むなど活動を広げている。
水野の森里山の会
(狭山市)
【テーマ】人と自然の共生林・生物多様性に富んだ雑木林を地域に保全
市内の「水野の森」と呼ばれる、雑木林の一部を拠点に保全活動に取り組んでいる。活動エリアは、地元事業者所有のロッジ水野の森とそのほかの民有地を合わせて約3ヘクタールに及ぶ。隣接自治会の交友団体とも協力し、保全効果を上げている。
子供たちへの木工クラフト体験会や里山ウォークなど地域交流行事にも取り組み、建屋ロッジを音楽イベントなどの会場として開放するなど、地域に開かれた森づくりを行っている。
ひだか憩いの森サポートクラブ
(日高市)
【テーマ】憩える里山づくりをとおして地域の活性化を図る
日高総合公園内の荒廃していた民有樹林地を地権者の承諾を得て整備し、「憩いの森」として保全活動に取り組んでいる。
また、間伐材を利用して設営する「憩いの森ふれあいコンサート」、市や公民館と連携した自然体験教室など、森への親しみを深める地域交流行事を開催している。
「彩の国ボランティア体験プログラム」を受け入れており、中学生から大人まで会の活動を体験してもらうことで、新規会員の加入が増え活動が活性化している。
本庄市立藤田小学校・早稲田大学本庄高等学院河川研究班・NPO法人川・まち・人プロデュース
(本庄市)
【テーマ】多様な連携で地域の川「元小山川」の清流復活に取り組む
藤田小学校を中核として元小山川の河川調査に取り組んでいる。
5、6年生の地域環境学習として毎年2回行う河川調査は、早稲田大学本庄高等学院の河川研究班の生徒と一緒に行い、NPO法人が土手の整備や安全指導など支援を行っている。
調査結果や改善成果を、保護者などに向けた発表会や「河川調査新聞」を通じて発信し、地域に元小山川の再生を啓発している。また、校内の教室を「藤っ子水族館」として児童が採取した魚を展示し、飼育観察に取り組んでいる。
加藤 佳英
(秩父地域)
【テーマ】秩父地域のふるさとの木「もみじ」の彩を創造する
平成19年から秩父のDNAを受け継ぐ「いろはもみじ」の苗を自ら栽培し、県の公園や道路沿いなどの植樹に、5,015本の苗を無償提供している。
提供した苗のうち2,784本は、植樹団体の「秩父もみじ」を立ち上げ、地元の中学生、高校生などの協力を得て植樹している。
植樹の前には「紅葉のメカニズム」などの知識の普及も行っている。
上谷津ふれあいの森を守る会
(和光市)
【テーマ】地域の基調な樹林を保全 住民の憩いの場づくり
市が借り上げ、市民緑地として開放している「上谷津ふれあいの森」の維持管理活動に取り組んでいる。
産業廃棄物保管場所の跡地が放置され、荒廃していた斜面林を整備し、清掃、植樹や伐採などの保全活動、落ち葉の堆肥化、伐採木の椎茸栽培、広場花壇の管理を行っている。
また、落ち葉拾いと焼き芋大会、消防防災訓練など地域交流行事を通じて、地域の若い世代に、環境保全の大切さを伝えている。
男衾(おぶすま)自然公園管理組合
(寄居町)
【テーマ】北関東一円の展望と四季の花々で住民が集う公園づくり
男衾地区に位置する荒廃した里山(標高171メートル)を借り受けて整備し、手作りの公園「男衾自然公園」を平成23年に開園。遊歩道の整備、植樹など、保全活動に取り組んでいる。
カタクリ群生地を保護し、地元住民から不要となった苗木をもらい受け、起伏を生かした植栽を行っている。
地元中学生による卒業祈念の桜の植樹活動が定着しており、桜祭りなど地域交流行事にも取取り組み、活動が発展している。
花と緑部会
(ふじみ野市)
【テーマ】緑のカーテン 市内5万世帯へ普及を目指す
ふじみ野市環境基本計画制定時(平成20年)に部会として発足。市民団体として継続して市と協働で緑のカーテンの普及に取り組んでいる。
毎年、種からゴーヤなどの苗を育てて、市民への無料配布、育成講習会、ゴーヤ料理教室、緑のカーテンコンテストまでを計画的に開催している。
地域の環境保全団体と連携し、新河岸川河川敷の美化、花の植栽にも活動を広げている。
髙野 和之
(秩父市)
【テーマ】秩父地域の環境保全活動を推進
秩父地域環境問題連絡協議会代表として、市内関係団体の連携を呼びかけ、合同で研修会や環境啓発活動を主催している。
NPO法人秩父の環境を考える会の副理事長としても活動しており、同会の老樹・名木研究の集大成である「秩父地方の巨樹名木の研究」の出版に尽力し、秩父の自然の魅力を発信している。
また、特定外来生物「オオキンケイギク」の除草活動を早くから提唱し、市民活動として推進している。

【奨 励 賞】
番号 受賞者 活動内容
上尾市立大石北小学校 環境委員会
(上尾市)
 児童が環境委員会活動を通じて、学校ビオトープの保全管理やヘイケボタルの飼育、観賞会の運営に取り組んでいる。
観賞会には、多くの地域住民が参加しており、自然環境の大切さを地域に発信している。
さいたま市立海老沼小学校
(さいたま市)
海老沼小の児童によるエコロジー活動を「エビロジー活動」として、児童が各教科や委員会活動を通じて環境について考え、実践する多様な取組を行っている。
ビオトープが整備されており、生き物への関心が高まっている。
NPO法人うるおい工房村
(草加市)
栄町地区を流れる伝右川(綾瀬川支流)両岸の遊歩道で、植樹や清掃など保全活動に取り組んでいる。
福島県の復興支援として「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加し、ひまわりの種まき、種の収穫を継続している。
新倉午王山の会
(和光市)
荒廃していた午王山の北川斜面林を市が「特別緑地保全地区」に指定したのを機に地元住民が中心となり会が発足。近隣の和光高等学校と連携し、保全活動に取り組んでいる。
近年、徐々に植生が回復し、山に植栽された芝桜1,100株の開花時期には、市民に一般公開されている。
キヤノンファインテック株式会社
(三郷市)
自然をテーマにした写真撮影の体験を通じ、子供たちの環境意識を高めるプロジェクト「ジュニアフォトグラファーズ」を近隣小学校の授業や市の夏休み企画として実施。
地域社会への貢献を目的に有志社員で毎月、始業前に会社周辺のごみ拾い「美化運動」を実施。
学校法人高岩学園杉の子幼稚園
(白岡市)
平成21年に埼玉県みどりの幼稚園・保育所促進事業の補助金を受け園庭の30%を芝生化。翌年残りの70%を芝生化し、現在約900平方メートルにわたり、園児が裸足で遊べ、緑に触れ合う環境づくりを継続している。
株式会社ナック クリクラ本庄工場
(本庄市)
宅配水を製造する本庄工場は、平成27年4月に竣工。
省エネルギー、環境負荷軽減を考慮し、製造過程で発生する排水・排熱を利用した空調や地中熱を利用した空調(クールチューブ)を整備している。省エネ技術を体験できる工場見学会や地域清掃活動にも取り組んでいる。

第17回

受賞者紹介パンフレット(PDF:1,684KB)

【大 賞】
番号 受賞者 活動内容
越谷市立大袋東小学校
(越谷市)
 【テーマ】“ESD”を通じて、児童の「主体性」「実践力」「協調性」を育む
環境教育を軸に、生活科・総合的な学習の時間と他の学科との連動を図っている。
学年ごとにテーマを設定して環境学習を行い、校内開催のエコフェスティバルで最先端の環境の取組を学び、日常的に省エネチェックなどを実践している。
教員間、児童間での引き継ぎがしっかりなされていて、全校的な取組として継続的に活動している。

【優 秀 賞】
番号 受賞者 活動内容
NPO法人熊谷市ほたるを保護する会
(熊谷市)
 【テーマ】自然発生するゲンジボタルを守る
熊谷市の江南地区にはホタルの自然発生場所がある。県内では基調となったそれらの場所を守る活動である。
ホタルガイドボランティアの養成講座を年間14回開催しており、「こうなんホタル祭り」で案内場所を設置し、見学者をガイドしている。
ホタルの生息場所の清掃、ホタルの発生数調査、カワニナの盗難防止パトロール、小中高生への啓発活動等も行っている。
ふくはら子どもエコクラブ
(川越市)
【テーマ】地元に密着した体験型環境学習
自然を体験できる多彩な活動メニューを子供たちに提供している。
不老川での生き物調査、雑木林の昆虫調査、循環型農業の体験など地元の自然と文化を活かした活動を行っている。
川口市立芝富士小学校
(川口市)
【テーマ】「学校全体がビオトープ」環境と食育
モモ、キウイ、ウメ、米、野菜など校内にある数多くの「環境財産」を教材化し、生活科や総合的な学習の時間の授業として各学年の教育課程に位置付け、環境教育を全校的な取組として継続的に活動している。
平成11年に設置したビオトープなどではカマキリやカエルなど様々な生き物を観察することができる。食行くとも連携して、桜茶、ヨモギのホットケーキなどの名物も生み出している。
NPO法人環境サポート埼玉
(坂戸市)
【テーマ】環境NPOのネットワーク構築を目指す
県内環境NPOの現況報告書を毎年発行している。高麗川等で野外学習教室を毎年開催している。
NPO法人長瀞町桜と松等を守る会
(長瀞町)
【テーマ】桜、楓、松など地元の森林保全に貢献
県内有数の観光地となっている長瀞町の桜の保全管理を行っている。
権田山の桜・楓の下草刈り、蔓切り、整枝、北・南桜通りの枯死枝、テングス病枝の切落とし、腐食箇所の防水処置などを実施している。
前会長は県樹木医会の元会長でもあり、会員も樹木管理に習熟している。
NPO法人自然観察さいたまフレンド
(さいたま市)
【テーマ】見沼たんぼの環境を守る活動
設立は平成3年で、長年、見沼たんぼの水環境や植生を観察し調査する活動を実施してきた。
特別緑地保全地区指定のための植生調査を実施した。
芝川低地7か所で水環境の調査を毎月実施している。
見沼たんぼの自然観察を年間9回以上実施している。
笹目川の環境を守る会
(さいたま市)
【テーマ】都市部の水辺環境を守る
笹目川(武蔵浦和駅付近)の清掃活動と水質調査を毎月実施している。
自然観察会等を年4回開催している。
都市部の水辺環境の保全に資する活動となっている。
テイ・エス テック株式会社
(皆野町・寄居町)
【テーマ】環境にやさしい「喜ばれる企業」を目指す
皆野町では植樹・下草刈り、寄居町の県農林公社営林では間伐を実施している。累計1.5haの土地での森林整備活動による二酸化炭素吸収量は43.9トンになっている。
平成24年から年2回、社員がボランティアで活動している。

【奨 励 賞】
番号 受賞者 活動内容
白子・大坂湧水林保全の会
(和光市)
 白子・大坂窪地の植生調査を毎月実施している。
絶滅危惧種カワモズクを定期的に観察しネット発信している。
白子川と流域の水環境を良くする会
(和光市)
白子川流域の湧水の水質調査を毎月実施している。
白子川の水辺再生検討会に参加した。
鴻巣市立常光小学校
(鴻巣市)
児童が校内の「ホタル小屋」でホタルを飼育している。
「ホタル小屋」には地下水を利用。菊づくりにも挑戦。
白銀平むつみ会
(日高市)
白銀平登山道等の清掃を年5回実施している。
高麗川河川敷の清掃は、夏休み期間中は毎週実施している。
伊佐沼の蓮を咲かそう会
(川越市)
蓮根を休耕田で育て、伊佐沼に戻す活動を5年間繰り返し、そののち再生したハスを株分けしてきた。
21年間で1ha余りがハスで覆われるようになった。
吉田 政弘
(深谷市)
福川(起会橋~菱川橋)の遊歩道の花壇8か所の下草刈りなどを年間100日程行っている。
三菱UFJ信託銀行株式会社
(長瀞町)
平成21年から宝登山の共有林(長瀞町管理)1.0haで植樹や下草刈りなどを実施している。
埼玉県電気工事工業組合
(秩父市・横瀬町)
平成18年から県農林公社営林地延べ4.5haで主にヒノキの枝打ちを行っている。
高所作業の電気工事士の特性を活かし、ハシゴを使用して高いところの作業を行っている。

 

第16回

受賞者紹介パンフレット(PDF:919KB)

【大 賞】
番号 受賞者 活動内容
自然探険コロボックルくらぶ
(川口市)
 【テーマ】多くの自然体験で子供の感性を育てる
・「命のつながり」をテーマとして、川口市内の森や公園で子供たちを対象に昆虫、植物、川の生き物、野鳥等の観察と体験活動を行っている。
・綾瀬の森のヤナギ林を保全管理して、それを食樹としている準絶滅危惧種のコムラサキを保護する活動に取り組んでいる。
・活動場所となっている森や公園で、間伐、植樹、収穫調理等、里山的暮らしの体験も行っている。
AGS株式会社
(さいたま市)
【テーマ】環境活動の実践と地域社会への貢献
・東秩父村4.7haで約1,800本の苗木を植樹した。
・本社周辺で45機のLED防犯灯を寄贈した。
・環境負荷低減施設(全館LED照明、太陽光発電、屋上緑化など)を開設した。

【優 秀 賞】
番号 受賞者 活動内容
おおたかの森トラスト・こどもエコクラブ
(所沢市・狭山市)
 【テーマ】武蔵野の平地林で自然探検
・所沢市・狭山市の武蔵野の平地林で、子供を対象に自然探検、動植物の観察、雑木林の保全等の指導等を行っている。
・アカマツ、コナラ、クヌギ等の植樹も行っている。
埼玉県立小鹿野高等学校ボランティア部 【テーマ】地域とつながるエコ活動
・校内から出た古紙をミキサーにかけ、紙すきの要領でハガキ・しおり等を作製・販売し、その収益を義援金に充てている。これを「エコはが金」と呼んで活動している。
・小鹿野町内の各機関にエコキャップの回収ボックスを設置し、毎月回収している。これまで回収したキャップは5年間で約205万個となっている。
NPO法人加治丘陵山林管理グループ
(入間市)
【テーマ】地域とつながるエコ活動
・加治丘陵内で下草刈りや間伐等を行っている。過去4年間で下草刈りは延べ約34ha、間伐等は累計約1,400本となっている。
・道標やベンチの設置など、加治丘陵内の遊歩道の整備も行っている。
希少動植物を守る会
(荒川流域)
【テーマ】地域とつながるエコ活動
・荒川流域で希少動植物の調査、自然観察会の開催等を行っている。
・上尾市のサクラソウトラスト地の管理に参画している。
内藤定芳 【テーマ】教育者としての経験を活かした啓発活動の実践
・地元ケーブルテレビと連携して「秩父の自然と環境シリーズ」の作成に尽力した。ビデオ化したものが環境教育の教材として秩父地域の各小中学校等に配布された。
・秩父山地の「緑の回廊」の自然に関する記録を作成した。
・秩父ミューズパークのインストラクター制度の立ち上げを主導し、現在もインストラクターの代表幹事を務めている。
川口市立根岸小学校・PTA・学校応援団想根会 【テーマ】校章の「くまがい草」の復活
・絶滅危惧種である、くまがい草の繁殖・管理を行っている。毎年数百株程度が開花し、観賞会も開催している。
・校内のビオトープやグリーンカーテンの管理も行っている。
埼玉日本電気株式会社 【テーマ】会社と家庭で「緑のカーテン活動」
・会社の屋外施設や従業員家庭の住宅の窓や壁面を緑で覆うことで直射日光を遮り、空調などの節電につなげている。従業員家庭については、2011年度以降4年間で延べ258家族の参加があり、緑のカーテンは累計543㎡になった。
来ハトメ工業株式会社 【テーマ】環境活動計画の超細分化と「見える化」
・環境マネジメントシステム(エコアクション21)の運用により、電力・灯油・重油等の使用量の削減、廃棄物の削減、製造工程の不良品発生率の改善等、環境負荷低減活動を継続的に実施している。

【奨 励 賞】
番号 受賞者 活動内容
東川を愛する会
(所沢市)
 ・毎月1回15人程で清掃活動を実施している。年2回は除草も実施している。
・弘法橋付近でアジサイ・ビオラ・パンジー等の植えつけを年2回実施している。
・川端橋付近で年1回川ガキ体験イベント(ゴミ拾い、魚の観察、カヌー体験等)を開催している。
NPO法人エリアマネジメント北鴻巣
(鴻巣市)
・土地区画整理事業により生まれた街の住民330戸が、花と緑のまちの景観づくりに自ら参画している。
・地区内の公園を中心に清掃活動、緑地の剪定・害虫駆除、花壇の植替え・除草等を日常的に実施している。
NPO法人越谷ふるさとプロジェクト
(越谷市)
・調節池のビオトープ周辺において、外来種の除去・清掃活動・自然観察会等を年6~7回程実施している。
・イオンレイクタウンにおいて、生き物触れ合いイベント等を定期的に開催している。
秩父こどもエコクラブ
(秩父市)
・自然観察やネイチャークラフト等で自然に親しむハイキングを年7~8回実施している。そのうち1回は荒川清掃とカヌー体験を実施している。1回あたり20~30人程で活動している。
エコネットとみおか
(所沢市・狭山市/くぬぎ山)
・くぬぎ山周辺で不法投棄廃棄物の回収を行っている。18年間で約200回、延べ1,000人以上が活動した。
・約0.7haの林で下草刈り、枯れ木の除去、常緑樹の間引きを実施している。
NPO法人川島ネイチャークラブ
(川島町)
・ホタルの里づくりを目指して、休耕田での放流試験や長楽用水路等での放流、観賞会等を実施している。
・長楽用水路等川島町内で生き物モニタリング調査に参加している。水辺の生き物についての学習会も開催している。
・平成25年度は71回、延べ約400人が活動した。
NPO法人水源の里を豊かにする会
(秩父市山田/金昌寺近くの森)
・約2.4haの雑木林にミツバツツジ等約2,000本を植樹した。
・路網の整備、間伐、剪定、下草刈り、ツル切り等を日常的に実施している。
・地元中学生による植樹を6年間実施している。
水辺の里親西原会
(上里町/御陣場川(高崎線楠川橋梁南側))
・地域住民が中心となって、川を起点としたコミュニティの形成を目指して活動している。
・ゴミ拾い・除草等を毎月実施している。1回あたり20~40人程で活動している。
・公園での植栽、コイ等の放流イベントも開催している。

 

第15回

【県民部門】8件
番号 受賞者 活動内容
氷川の森 花の友
(さいたま市)
 【テーマ】鎮守の杜 ルネサンス
・指扇氷川神社境内の荒れた未整備の杜を再生するため、間伐などを行いながら林床を整備し、既存の樹木を残しつつ、アジサイなどの低木のほか、中高木、草花などを生育環境に併せて植栽しています。 ・保全した緑地を、地域コミュニティーの場、防災、環境学習の場等として有効活用し、地域のシンボルゾーンとなることを目指し活動しています。
詳細(PDF)
与野・水と緑の会
(さいたま市)
【テーマ】ドングリ(種)から育てるドングリの森づくり
・与野中央公園計画地の一画に、クヌギやコナラなどドングリの種まきから始めドングリの森づくりを行っています。
・平成17年以降、毎年100人ほどの市民参加で、これまで約400本の植樹を実施しました。地域住民を対象に自然に親しむためのクイズラリー(森の樹種や当該地で見られる野鳥などを内容とする)やドングリを使った工作などを行っています。
詳細(PDF)
榎本 建七
(さいたま市)
【テーマ】地域密着型の環境学習の実践
・地域の小学校の総合的な学習の時間の中での環境学習の指導、学校ファームを活用した環境学習プログラムの提供など授業のサポートなどを行っています。 (平成23~24年実績:さいたま市内小学校6校約2300人の児童を指導)。
・また、さいたま緑のトラスト保全7号地(岩槻区小川原家(おがわはらけ)屋敷林)の環境保全ボランティアリーダーとして保全管理活動などを行っています。
詳細(PDF)
上尾市立上平小学校
(上尾市)
【テーマ】いきいき わくわく 主体的に学び行動する環境教育の実践
・環境教育全体計画、年間指導計画に基づき年間を通して全学年、各教科で環境教育に取り組んでいます。
・グリーンカーテンによる夏の節電や保護者を交えた花壇の整備、季節ごとの植物や生き物を紹介する「上平小環境マップ」の作成、環境児童集会などを行っています。
・付近の神社の杜の清掃活動を行うほか、学校ファームでは地域の方々の協力を得て年間を通じて作物を栽培し、学校給食に活用しています。
詳細(PDF)
5 NPO法人和光・緑と湧き水の会
(和光市)
【テーマ】県南最多!湧き水の街「和光の湧き水と自然」守り、伝える
・市内の(1)白子湧水群と大坂ふれあいの森(2)新倉ふれあいの森(3)和光樹林公園のどんぐりの森を主なフィールドとして、湧き水と緑地を科学的に調査し生物多様性を進める環境保全活動を実践しています。
・三地域のガイドマップを作成し、学校や公共施設への配布、ガイドマップを活用した市民・子ども向け観察会を年間10回程度開催するなど、身近な自然の大切さを広めるガイドとしても活動しています。
詳細(PDF)
6 柳瀬川の最上流をきれいにする会
(所沢市)
【テーマ】柳瀬川最上流に「将来、多種類の魚が棲み、ホタルが舞い、市民が川の縁を散策できる川の再生を目指し」活動!
・毎月の清掃活動や、3月、10月の月例清掃にあわせた大規模清掃・交流会の開催、毎週活動交流拠点として整備した高橋広場前の川道清掃を実施しています。
・地域小中学校での総合学習、学校ファーム支援活動などもPTAと連携して行っています。
詳細(PDF)
7 小林 隆子
(さいたま市)
【テーマ】地域の希少動植物調査及び保護
・戸田市の「戸田ヶ原自然再生事業」の検討会や推進連絡会議を経て、現地の自然再生に取り組んでいます。
・荒川総合運動公園から荒川彩湖公園間の動植物調査を継続して実施し、絶滅が危惧される植物群落やカエル類の保護を行っています。
・「ミニ里山・見沼」の実現に向け見沼田んぼの動植物の調査、地域植物群落の保全とカエル類の生息環境の整備のほか、さいたま緑のトラスト1号地(見沼田んぼ周辺斜面林)の植物調査を行っています。
詳細(PDF)
8 所沢市立上山口中学校
(所沢市)
【テーマ】学校・家庭・地域をつなぐ上中ファーム
・地域や行政と連携して柳瀬川の再生を中心とした山口地区フィールドワークに重点的に取り組み、地域団体が行う月1回の柳瀬川清掃活動に生徒がボランティアで参加するほか、川の生き物調査を行っています。
・柳瀬川の再生活動で川の浄化のために使用した木炭チップを土壌改良剤にして学校ファームをつくり、収穫物を地域の方々に提供する活動などを行っています。
・古紙・ペットボトルキャップ・封筒などのリサイクルを行うとともに、校内緑化やみどりのカーテンづくりを実施しています。
詳細(PDF)

【事業者部門】
番号 受賞者 活動内容
株式会社ジャパンビバレッジエコロジー
(さいたま市)
 【テーマ】実感できる「環境学習」の提供
・飲料空容器再資源化工場「リサイクル・プラザJB」の工場見学を受け入れ、専門スタッフがリサイクル工程など資源の大切さの説明を行っています(平成24年までに1290件、1万人超の来場者を受け入れ)。
・また、当施設を教育資源として有効に活用するため児童・生徒の施設見学を受け入れるとともに、再生された製品などを持参し平成24年までに22校の小学校等で出前授業を実施しています。
詳細(PDF)
株式会社マキ電資本社
(熊谷市)
【テーマ】動こう!!やれる事はたくさんある
・社員全員参加で自分たちにできることを模索し、緑のカーテンや遮光カーテンの導入、帯電防止素材のTシャツ着用によるクールビズ、スマートメータの導入、エコキャップ運動など、年間を通じて様々な省エネ・リサイクルなどの活動を行っています。
・こうした取組により、電力使用量を約44%、ガソリン使用量を22%削減しています。
詳細(PDF)

 

第14回

【県民部門】7件
番号 受賞者 活動内容
アトム通貨実行委員会 川口支部
(川口市)
 【テーマ】 地域エコマネー「アトム通貨」の実践
・環境関連イベントなどで得られる「アトム通貨」の加盟店での使用
・各種エコ活動を実施し、各加盟店でも「マイバックプロジェクト」など独自のアイデアによる活動
詳細(PDF)
熊谷市ムサシトミヨをまもる会、熊谷市立佐谷田小学校、久下小学校、熊谷東中学校
(熊谷市)
【テーマ】 次世代までムサシトミヨがすめる環境を守ろう
・絶滅危惧種「ムサシトミヨ」を守るための生息地の清掃、見学者への説明や生息地の案内等
・熊谷市内の3つの小中学校と連携した繁殖活動
詳細(PDF)
特定非営利活動法人けやの森自然塾
(狭山市)
【テーマ】幼少期からの自然体験活動
・年間延べ1400人の幼児が五感で自然を感じる「林あそび」を実施・「林の整備保全活動」により、子供たちが自由に遊べるスペースを確保し、林あそびの場として活用
詳細(PDF)
佐藤町会
(川口市)
【テーマ】環境に優しい「佐藤の廃油石鹸」
・廃油の再利用による3R推進と河川浄化
・各家庭から廃油を回収し、型枠となる牛乳パックを回収して廃油等を使ったせっけんを製造し、家庭へ配布
詳細(PDF)
5 高橋 重男
(寄居町)
【テーマ】「埼玉県レッドデータブック2011 植物編」発行に至る絶滅危惧植物調査および食虫植物ミミカキグサ・モウセンゴケの保護増殖活動
・永年にわたり県内の植物調査を実施し、詳細記録を作成
・絶滅危惧種ミミカキグサ・モウセンゴケの保護増殖活動
詳細(PDF)
6 特定非営利活動法人ときがわ山里文化研究所
(ときがわ町)
【テーマ】山里の美しい自然と文化を守る 私たちの挑戦
・自然環境リサイクル活動や山間地における草刈り支援隊活動、遊休農地の再生への取組
・「都幾川源流の森づくり」や「ときがわ山の学校」開校などの環境支援活動等
詳細(PDF)
7 見沼たんぼくらぶ
(さいたま市)
【テーマ】見沼たんぼで多様な体験事業展開
・「見沼たんぼ」において、自然観察ハイキングや清掃活動、見沼たんぼウォーキング、斜面林の体験学習
・様々な体験事業実施による見沼たんぼに親しみ、見沼たんぼの保全に協力する輪の拡大実施
詳細(PDF)

【事業者部門】
番号 受賞者 活動内容
株式会社新都市ライフ
(越谷市)
 【テーマ】世界の誇れる水辺環境の継続した保全への取組
・越谷レイクタウンにおける環境維持活動を行う団体に対する助成や地域の団体等と連携した清掃活動
・様々な団体と協働した環境保全の学習会やウォータースポーツ体験会などの水辺でのイベント実施
詳細(PDF)
日本畜産興業株式会社
(越谷市)
【テーマ】クリーンエナジーセンターからクリーンクオリティーミートを!
・太陽光発電設備や天然ガスコージェネレーションシステム導入による創エネ推進
・ボイラー燃料の燃料転換や大型エコキュート導入などによるCO2削減・省エネや蓄エネなどの実施
詳細(PDF)

 

第13回

【県民部門】8件
番号 受賞者 活動内容
MIYASHIROエコ☆スターズ
(宮代町)
 【テーマ】  『明るい未来は私たちが作る!!』
・地産地消を目的とした「エコ☆スタ Let's 地産地show cooking」の主催、レシピの配布
・清掃活動「作ろう!町のオアシス ふるさとキレイproject in 宮代」の主催
詳細(PDF)
埼玉県立特別支援学校 さいたま桜高等学園 環境・サービス科
(さいたま市)
【テーマ】ペットボトルを植木鉢にリサイクル
・生徒がリヤカーを引いて近隣を回るペットボトルの「リヤカー回収」や近隣住民に学校まで持参してもらう「持ち込み回収」
・回収したペットボトルを植木鉢等にリサイクル
詳細(PDF)
自然っ子クラブ
(川口市)
【テーマ】「子どもたちの感性を育てたい。」
・夜遊びツアー観察会や稲の花を見る会などの自然と触れる活動
・ハンカチの藍の生葉染め、ドングリやクズの蔓を使ったペンダント作りなどの自然のものを使い自然の不思議を学ぶ活動
詳細(PDF)
吉岡グラウンドワーク実行委員会
(熊谷市)
【テーマ】熱いぞ!くまがや「でも!チョット涼しい里山」
・間伐実施場所の下草刈りと維持、竹藪や雑木の間伐など
・里山を背景とした啓蒙活動としての里山コンサートの開催
・里山に自生していた百合や山つつじの植栽
詳細(PDF)
5 さって市民環境ネット
(幸手市)
【テーマ】浮島つくり
・権現堂調整池でのビオトープとしての浮島つくり
・浮島つくりへのカヌークラブやこどもエコクラブ、企業、近隣住民など、拡がる参加者
詳細(PDF)
6 浦和自然観察会
(さいたま市)
【テーマ】関東最大規模のハンノキ林を次の世代に
・毎月開催するハンノキ林の自然観察会
・5haに及ぶ調査区域でのすべての樹木の分布情報、希少植物の生育状況・分布情報の地図落とし等の植生調査
・外来種の除去作業やピクニックの森周辺のゴミ拾い
詳細(PDF)
7 あさか環境市民会議
(朝霞市)
【テーマ】朝霞の原風景をとりもどす!
・朝霞市特別緑地保全地区の現地調査
・月4回の斜面林の整備保全活動
・町内会と連携した里山フェスタの開催
詳細(PDF)
8 松岡 壽賀子
(川越市)
【テーマ】みんなが幸せな社会・永続可能な社会をめざして
・毎年開催されるイベントへのパネル展示・説明、レポート投稿などの参加
・平成11年から「5人家族の環境家計簿」のパネル展示
・公民館などでの環境講座の講師
詳細(PDF)

【事業者部門】
番号 受賞者 活動内容
石坂産業(株)
(三芳町)
 【テーマ】企業・団体・一般者対象の環境学習の支援活動
・くぬぎの森再生プロジェクトの推進母体として「やまゆり倶楽部友の会」を発足
・敷地内の一部を生物多様性保全エリアに指定し、植物・昆虫・猛禽類の調査を実施
詳細(PDF)
(株)武蔵野銀行
(さいたま市)
【テーマ】埼玉のかけがえのない自然を守る!
・公益信託「武蔵野銀行みどりの基金」を創設し、県内における自然環境保全等の事業に活動資金を助成
・従業員向けの環境学習プログラム「ぶぎん環境カレッジ」を開講
詳細(PDF)
積水ハウス(株)埼玉営業本部
(さいたま市)
【テーマ】環境保全活動を通じた環境学習
・3つの環境教育プログラムを準備し、県の環境学習応援隊に登録
・社内に「グリーン委員会」を設置し、自然エネルギーの活用、最新のエコ住宅、ゴミ問題及び環境学習を推進
詳細(PDF)

 

第12回

【県民部門】8件
番号 受賞者 活動内容
川口市立在家小学校エコクラブ
(川口市)
 【テーマ】身近にできるエコ活動
・PTAや青年会議所と連携してビオトープを設置
・エコな行動をするともらえるエコチケット(学校内通貨)でエコ市場を開催
詳細(PDF)
春日部市立八木崎小学校
(春日部市)
【テーマ】環境問題に気づき、環境を守ろうとする子どもの育成
・生け垣の発育促進整備と樹木の光合成によるCO2削減実験の実施
・環境活動に興味を持った児童で「われら環境調査隊」を結成
詳細(PDF)
越谷市立城ノ上小学校
(越谷市)
【テーマ】ふやそう自然!
・ビオトープの外来植物の除去や生き物調査の実施
・ビオトープをテーマとした講演会や全校集会の実施、新聞の発行など積極的な環境教育の推進
詳細(PDF)
特定非営利活動法人 百年の森づくりの会
(さいたま市)
【テーマ】荒川の水源に緑のダムをつくる百年の森づくり運動
・秩父地域で森林整備活動や公開講座、コンサートなど、年間40回程度の活動の実施
・植林活動の他の団体への波及
詳細(PDF)
5 グラウンドワーク川口
(川口市)
【テーマ】地域の環境改善活動
・見沼田んぼに生息するホタルの保護、幼虫の放流などホタルの里づくり
・田んぼや畑、植物園作りと、そこでの自然観察会などを行う「みぬま自然学校」の運営
詳細(PDF)
6 糀谷八幡湿地保存会
(所沢市)
【テーマ】よみがえったふるさとの景観
・八幡湿地の草刈りなどの里山整備や、小学生による米作りなどの体験学習の実施
・どんぐりから苗木を育て植樹する「どんぐりプロジェクト」の実施
詳細(PDF)
7 かわごえ環境ネット
(川越市)
【テーマ】市民・事業者・民間団体・行政の協働による環境保全活動の推進
・複数の専門委員会を設置し地球温暖化対策などの様々な活動を実施
・年間の活動を発表する「かわごえ環境フォーラム」の開催
詳細(PDF)
8 梅沢 定彦
(所沢市)
【テーマ】日本希少淡水魚の保護と繁殖
・環境省のレッドリストにも絶滅危惧種として指定されているミヤコタナゴの飼育・繁殖に成功
・ミヤコタナゴの飼育等を実施し、市内全小学校にミヤコタナゴを贈呈
詳細(PDF)

【事業者部門】
番号 受賞者 活動内容
武州瓦斯(株)
(川越市)
 【テーマ】天然ガスの効率的な利用推進と環境保全の啓蒙活動
・入間川流域で環境保全活動を行う団体へ助成する「武州・入間川プロジェクト」の実施
・飯能市の山林を購入し、環境団体等の体験作業の場として活用する「武州ガス飯能の森」の取組
詳細(PDF)
首都高速道路(株)西東京管理局
(戸田市)
【テーマ】見沼たんぼ首都高ビオトープの育成・管理
・首都高さいたま新都心線の高架下に6.3haに渡るビオトープを整備
・小学生、幼稚園児を対象にした自然体験や造園学を学ぶ学生の作業実習などのイベントを実施
詳細(PDF)
DOWAハイテック(株)
(本庄市)
【テーマ】県内初!植物を利用した工場排水の浄化と放流河川の保全
・植物を利用した独自の排水浄化施設「ビオパレット」の導入
・地域住民との協働による川の清掃を毎年実施
詳細(PDF)
生活協同組合さいたまコープ
(さいたま市)
【テーマ】使用済み天ぷら油の回収とバイオディーゼル燃料で走る宅配トラック
・店舗から出る使用済み天ぷら油をリサイクルしてバイオディーゼル燃料を製造、その燃料を宅配車両に使用して運行
・家庭から出る使用済み油の回収の開始
詳細(PDF)
(株)埼玉りそな銀行
(さいたま市)
【テーマ】地域に根ざした環境保全活動の推進
・埼玉県と「環境分野における協力に関する協定」を締結
・同社社員と県庁職員が利用できる電動自転車の拠点を整備する「e-サイクルシェアリング埼玉」の実施
詳細(PDF)

 

第11回

【県民部門】7件
番号 受賞者 活動内容
加須市立騎西中学校
(加須市)
 ・生徒会に「環境学習部」を設置し、環境教育の推進体制を整備
・屋久島の岳南中学校とのメール交換などの交流
・県環境科学国際センターと協力し、水草を活用して肥料を作る共同プロジェクトを実施
さいたま市立日進小学校
(さいたま市北区)
・平成11年に校内にビオトープを設置、以後エリアを拡大
・保護者の会や環境ボランティアとともに環境保全に取り組むなど、地域との絆を深めている
・生き物と触れ合える場として、かぶと虫村などを設置
三芳町 竹の子エコクラブ
(三芳町)
・主体的に環境活動を行うこどもを育成する
・斜面林での自然体験・観察、生き物調べ、エコロジカルあくしょん大作戦などを実施
特定非営利活動法人 さやま環境市民ネットワーク
(狭山市)
・「英語でも楽しめる-さやま子ども環境カルタ」を作成・活用
・読み札採用者の表彰式や環境カルタの展示会を開催
・展示やカルタ大会、出前講座などの普及活動を実施
5 環境・国際団体Deco
(草加市)
・獨協大学の学生で組織する団体
・川に不法投棄された自転車やオートバイなどを地域住民と協力して引き上げを実施
・学園祭におけるごみ削減プロジェクトなど学生への啓発活動
6 埼玉県立浦和高等学校同窓会
(さいたま市浦和区)
・寄居町の民有林5haで森の再生のための「浦高百年の森づくり」
・同窓生と現役の生徒が一緒に保全活動を実施
・植生調査班などがあり、調査活動も実施
7 特定非営利活動法人 生活工房つばさ・游
(小川町)
・地元農場見学会開催等の有機農業の普及啓発活動
・地元で採れた野菜を使ったメニューを日替わりで食べられるコミュニティカフェ運営
・県内企業と地元農場を直接結びつける「コミュニティ サポーテッド アグリカルチャ」の実現

【事業者部門】
番号 受賞者 活動内容
株式会社ジェイ・アール・エス
(所沢市)
 ・県農林総合研究センターや農家と協力し、独自の飼料・肥料製造技術を確立
・埼玉県初の飼料製造と肥料製造を両方行える再生利用事業者
・専用回収ボックスによる徹底した分別回収、加熱発酵技術の確立
ファインモータースクール
(さいたま市大宮区)
・自動車教習所で初めてエコドライバー養成プログラムを導入
・新規免許取得者、一般ドライバー及び企業ドライバーに対するエコドライブ教育の実施、イベントへの参加など
株式会社OKUTA
(さいたま市大宮区)
・本社ビルを複合型省エネビルとして建設
・環境NPOの立ち上げ・運営
・小川町の有機農業を行う農家の米を買い支えるこめまめプロジェクト実施
・見積書へのCO2削減量の明記などを実施
三国コカ・コーラボトリング株式会社
(桶川市)
・小中学生から一般成人を対象にした自然体験プログラム「森に学ぼう コカ・コーラエコロジースクール」の開催
・環境セミナー、出前授業などの啓発活動実施
・ごみゼロ社員クリーン活動などの地域貢献活動実施
日本電波工業株式会社狭山事業所
(狭山市)
・2004年からゼロエミッション活動を開始し、2009年4月からリサイクル率100%を達成
・再資源化できる処理委託先を、県外にも探し求めるなど、徹底した再資源化を実施
富士見工業団地工業会
(川越市)
・工業団地内の企業の共同バスとして、CNG(圧縮天然ガス)バスを導入
・共同バスの導入により、各社の自社バス削減、通勤経費削減、社員の利便性向上、駐車場の削減、渋滞解消等の効果があった

 

第10回

【県民大賞】9件
番号 受賞者 活動内容
特定非営利活動法人 元荒川をきれいにする会
(さいたま市)
 ・元荒川河川敷への産業廃棄物等の不法投棄に心を痛め、活動を開始。毎月の清掃活動のほか各種清掃活動へ参加。
・地域住民と自然観察や史跡をめぐる「元荒川ウォーク」を実施。
山崎山こどもエコクラブ
(宮代町)
・さいたま緑のトラスト5号地(山崎山)を中心に活動。
・トラスト地の下草刈りや間伐などの保全作業を行う。
・山崎山の生きもの観察やどんぐりを使った工作などを実施。
見沼市民フォーラム
(さいたま市)
・見沼田んぼの美化活動や環境調査などを実施。
・ホタルの復活・保護運動としてホタル鑑賞会などを開催。
・環境フォトセミナー等を開催し、環境保護をアピール。
新座市グリーンサポーター
(新座市)
・新座市内にある武蔵野の面影を残す雑木林で、下草刈りや落ち葉清掃など維持管理活動を行う。
・「親子シイタケ栽培体験」や「親子木工教室」を企画。
5 埼玉森林インストラクター会
(長瀞町)
・県民の森などで自然観察会や森林体験教室を実施。
・ときがわ町「森林インストラクターの森」で植樹等の森づくり。
・小学校の野外活動支援や各種団体の研修・指導などを行う。
6 熊谷市立玉井中学校
(熊谷市)
・カーボンオフセット・植樹等のエコ活動を取り入れた修学旅行を実施。
・エコバッグ、マイ箸袋を製作し、駅前等で配布。協力の呼び掛け。
・ゴーヤ、朝顔、夕顔等のグリーンカーテンを設置。
7 川口市立戸塚南小学校
(川口市)
・牛乳パック古紙、アルミ缶などリサイクル活動に取り組む。
・環境通貨「エコチケット」を活用したエコ活動。
・学校南側斜面林でのカブトムシ飼育など様々な体験学習を実施。
8 NPO法人 和光・緑と湧き水の会
(和光市)
・白子湧水郡の生態系と生物の保全対策に協力。
・新倉ふれあいの森の保全と貴重種の育成、保護。
・市民や子ども向けの植物観察会、昆虫探しなど実施。
9 NPO法人 天覧山・多峯主山の自然を守る会
(飯能市)
・天覧山・多峯主山の環境を明らかにするため調査を実施。
・里山の復元・保全を図るため、天覧山東側の谷津田で間伐、草刈り、ため池整備などを実施。

【彩の国エコアップ大賞】
番号 受賞者 活動内容
真下建設株式会社
(本庄市)
 ・節電、アイドリングストップ、事業所周辺の清掃活動などを実施。
・本社屋上とベランダ、駐車場の一部の緑化を行う。
・産学官の連携で河川浄化、水質改善について研究を行う。
・地元小学校と行う魚類調査等野外活動での補助。
エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社
(さいたま市)
・有志とスタッフで街を清掃する「ホームタウンクリーン大作戦」の実施。
・ペットボトルキャップを回収し、ポリオワクチンに還元。
・スタジアムでエコタンブラーの販売とリユースカップの試用実施。
・ゴミの分別回収コーナーを設置し、分別を呼びかけている。
埼玉日本電気株式会社
(神川町)
・冷温水発生機を高効率の電気式ターボ冷凍機に更新、空調機・ポンプ設備・照明設備のインバーター化によりCO2排出を削減。
・太陽光発電設備を設置。風力・太陽光ハイブリッド外灯の導入。
・断熱塗料の塗布、日射対策等による空調負荷低減。

 

第9回

【県民大賞】7件
番号 受賞者 活動内容
越生町地域づくり推進協議会本町部会
(越生町)
 ・年6回、資源回収を実施。13年間の回収累計は300トン超。
・手作りの「ごみ・資源回収収集カレンダー」を各戸配布。
・ごみ処理量を減らしたことで町の財政負担の軽減に協力。
詳細(PDF)
さいたま市立春野小学校
(さいたま市)
・全校をあげて系統的に環境学習に取り組む。
・地域を対象に環境フェアを開催。公開授業を全学年で行う。
・環境省とさいたま市共催の「環境フォーラム」に展示参加。
詳細(PDF)
NPO法人埼玉森林サポータークラブ緑の森活動チーム
(さいたま市)
・「昔ながらの里山の景観を保全する」ことを目標に活動。
・雑木林で、植栽、下刈り、除伐、間伐、芽吹き等を行う。
・地元の学校の児童を対象に「どんぐりを育てる会」を実施。
詳細(PDF)
沢田地区をきれいにする会
(入間市)
・6、7名で始めた小川の川底さらいと清掃活動が発展し、沢田町内全戸の協力をえて発足。以来30年以上活動。
・入間川北側河川敷の環境整備。隣接する児童公園の清掃。
詳細(PDF)
5 財団法人トトロのふるさと財団
(所沢市)
・狭山丘陵とその周辺地域の自然を保護し活用すること、歴史的な景観である里山を保全することを目的として活動。
・トラスト地取得のほか里山管理、環境調査、環境教育など行う。
詳細(PDF)
6 特定非営利活動法人見沼ファーム21
(さいたま市)
・「水田を保全する」目的で、近隣農家の協力を得て米作り体験活動を実施。参加者は毎年約400人。
・「見沼こめこめ通信」発行。情報提供と参加者の交流を図る。
詳細(PDF)
7 齊藤  眞之助
(川越市)
・環境家計簿の作成・普及。エコライフDAYチェックシートの配布・回収。
・環境講座の講師などを担当。
詳細(PDF)

【彩の国エコアップ大賞】
番号 受賞者 活動内容
埼玉日本電気株式会社
(神川町)
 ・従業員への環境教育(部門別年2回、受講率100%)の実施。
・環境月間を年2回設定し、講演会、パネル展示などを実施。
・各行事を実施したことによる環境への効果の「見える化」。
・早稲田大学主催の子ども向け環境イベントに協力。
詳細(PDF)
エム・ケイ・ジャパン株式会社
(さいたま市)
・アイドリングストップ装置の製造。
・アイドリングストップ装置を付けた車両を使用し、走行距離に対する燃料使用量などを測定・分析し、燃費改善に取り組む。
・廃棄物の削減、節電、節水。グリーン製品への切り替え。
詳細(PDF)
サンケン電気株式会社本社
(新座市)
・デマンドコントロール装置による空調温度管理、待機時温度の低減化、高効率モーター導入などにより、二酸化炭素排出量を平成11年度比で9%削減
・廃棄物の再資源化を28.7%から85.7%に改善。
詳細(PDF)
図書印刷株式会社川越工場
(川越市)
・工場内の施設は環境負荷提言に配慮して設計。
・「エネルギー原単位の削減」を工場全体の課題として取り組む。
・エコアイス、ガスヒートポンプを採用。コンプレッサー、熱源設備等の集中管理、インバーター照明や人感センサーなどの活用で省エネを推進。
詳細(PDF)

 

第8回

【県民大賞】8件
番号 受賞者 活動内容
大場川浮上ゴミをなくす会
(三郷市)
 ・平成8年から月1回、ボートで大場川の浮上ごみを収集。
・楽しみながらボランティア活動を行い、地域住民の交流。
・河川浄化意識を啓発。
国道254花の会・学校法人ホンダ学園
(ふじみ野市)
・国道254号中央分離帯の清掃、草刈り、植栽などを実施。
・落ち葉は埋め戻して肥料にリサイクルなどの配慮。
・地元中学校の生徒が苗を育成するなど地域の運動に。
越谷市立大袋東小学校
(越谷市)
・学校教育の一つの柱として全校で多彩な環境教育に取り組む。
・生活科、総合学習での環境学習、野菜の栽培や食育。
・グリーンカーテンの設置、エコフェスティバルの開催。
彩の国緑の推進連絡会
(さいたま市)
・県が委嘱していた「緑の推進員」とその経験者により設立。
・自然観察会、活動事例報告会など県内各地の緑の活動の交流。
・会報「緑の声」を発行、写真展を開催。
5 生活クラブ生活協同組合
(さいたま市)
・容器をワンウェイ容器からリターナブルびんに転換、回収し再利用。半年間に、29万本を回収、回収率72.5%。
・県農林公社と協定を結んだ植林活動も実施。
6 戸田地球温暖化防止グループ エコライフDAYとだ実行委員会
(戸田市)
・1日環境家計簿をつける「エコライフDAYとだ」を市全域で普及。参加者は2万人を超え、人口比で18%の参加率。
・スーパーでの啓発イベントや地域通貨を使った交換会など多彩な活動を展開。
7 特定非営利活動法人とよあしはら
(越谷市)
・間伐材と竹の「いかだ」に、アシなどの水生植物を植えた水質浄化機能のあるビオトープの浮島を考案、県内各地に設置。
・設置は地元の市民と協働で行うイベント型の事業として実施。
8 柳瀬川をきれいにする会
(所沢市)
・平成2年から、年3回、柳瀬川のクリーン作戦を実施。
・50~60才代の創始者グループと子どもたちが仲良く参加。
・看板を設置。水質調査や縁の森保全運動などにも参加。

【彩の国エコアップ大賞】
番号 受賞者 活動内容
中央化学株式会社
(鴻巣市)
 ・食品トレーを17%軽量化、全国のスーパー、生協で採用。
・バイオプラスチック容器について、耐熱性の問題を解決。
・使用済みプラスチック容器を全国5,300店舗から回収し、17年間で138億枚5万5千トンをリサイクル。
東京ガス株式会社埼玉支店
(さいたま市)
・社員が小中学校を訪問、環境教育の講師として出張授業。
・燃料電池の実験、エコクッキングなど楽しく学ぶ体験型授業を、年間8千人の児童生徒が受講。
・低公害車として天然ガス自動車を導入。
万有製薬株式会社妻沼工場
(熊谷市)
・熱源機として、従来の吸収式冷凍機に換えて、ターボ冷凍機を導入し、NAS電池と組み合わせて、大幅な省エネを実現。
・省エネ電気設備の導入など全体で19%エネルギーを削減。
・省エネ活動は技術部門がリーダー、工場の全員が参加。
富士ゼロックス株式会社 岩槻事業所
(さいたま市)
・主力商品のプリンター・大型図面複合機の省エネ化を実現。
・ボイラーを重油から都市ガスに転換、二酸化炭素排出削減。
・熱遮断フィルム、自動センサー照明、太陽光発電を設置。
・地元小学校での環境学習支援など地域貢献活動を実施。
毎日興業株式会社・特定非営利活動法人さいたまスポーツクラブ共同事業体
(さいたま市)
・さいたま市おおみや武道館の指定管理者として、事業体の創意でおおみや武道館の省エネに取り組む。
・前年同期比で、電気使用量を12%、ガス量は41%削減。
・照明器具を交換など独自の工夫で低価格で省エネを実現。
株式会社ロッシュ
(さいたま市)
・微生物と天然の多孔質素材であるゼオライトを組み合わせた汚泥分解システムを開発。
・農業集落排水処理施設の発生汚泥を大幅に減量。
・副産物の透明な液体は、液肥や汚泥分解補助剤として利用。

 

第7回

【県民大賞】7件
番号 受賞者 活動内容
野 口 晥 永
(秩父市)
 ・秩父地域の環境保全、野生生物保護、環境教育等の活動実践。
・「森林生態系保護活動」、「酸性雨の調査活動」で活躍。
山 田 胤 雄
(熊谷市)
・浄化槽の維持管理の重要性に関する環境出前講座を実施。
・川の自浄作用の大切さを啓発。現在まで受講者7,990人。
さいたま市立栄小学校
(さいたま市)
・荒川河川敷の旧サクラソウ自生地の復活を目指す運動。
・ビオトープでヘイケボタル飼育、地域との交流。
・給食残さを生ごみ処理機で肥料化。無農薬の米つくり。
越谷市立宮本小学校
(越谷市)
・地域住民と協力して元荒川にシバザクラを植栽。
・元荒川周辺の空き缶・ごみ類の回収による美化活動。
・牛乳パック・空き缶リサイクルの実践。
5 彩の国環境大学修了生の会
(春日部市)
・地球温暖化防止、自然環境、環境教育、化学物質、ごみの各分野で環境保全活動を実践。環境教育アシスタント等で活躍。
・環境保全に関する公開県民講演会等の開催。
6 川越緑のサポーター
(川越市)
・地元の雑木林の下刈り・間伐等により再生活動を実践。
・雑木林で社会体験学習を実施。子ども樹木博士認定を実施。
7 「平野の森」こどもエコクラブ
(狭山市)
・平野の森の管理作業、植物・昆虫観察を地域団体と共同活動。
・「不老川流域かわづくり市民の会」とともに活動。

【彩の国エコアップ大賞】
番号 受賞者 活動内容
本田技研工業(株)和光ビル
(和光市)
 ・周辺環境と調和し、環境負荷の少ない和光ビルの整備。
・環境負荷の低減の取組:屋上緑化、太陽熱発電、省エネ施設
・建設計画から廃棄までのCO2削減率:44%(国内最高水準)
株式会社ショーモン
(さいたま市)
・プラスッチックと紙・木くずの固形燃料化の開発・製造。
・GPS衛星監視による機密書類等の管理とリサイクル化。
・見沼たんぼの不法投棄物等撤去・清掃の実施。
東京電力(株)埼玉支店
(さいたま市)
・小・中学生の環境学習として「エネルギー講座」を実施。
・電気、エネルギー資源、新エネルギーを実験・工作等で研修。
・平成17年度上期、135校約1万2千人が受講。

 

第6回

【県民大賞】12件
番号 受賞者 活動内容
上 領 園 子
(毛呂山町)
 平成9年に毛呂山町で「ごみを考える会」を設立。以来、ごみの減量化、リサイクル促進のための普及啓発活動に積極的に取り組んでいる。 地元中学校では、「身近な環境問題」というテーマで講師を勤めるほか、県環境教育アシスタントやこども環境相談員として県や国の環境学習の推進に大いに貢献している。 また、1日当たり40gしかごみを出さないなどの自身のエコ生活を踏まえた講演は大変好評であり、環境保全の普及啓発において大きな実績がある。
朝霞市リサイクルプラザ 企画運営協議会
(朝霞市)
平成12年7月、朝霞市リサイクルプラザ開設時に、市民組織によるリサイクル啓発普及事業を市に要望し、当協議会が発足。以来このリサイクルプラザを本拠地として「フリーマーケットの開催」,「環境大学開催」、「衣類のリフォーム」、「市内レストランとの提携による廃油を使った固形石けんづくり」、「リサイクルプラザ広報誌の編集・会員による直接配布」などの活動に取り組み、市民のごみ減量化やリサイクルの重要性に対する意識を高め、活動を促進している。(構成員数 32名)
特定非営利活動法人荒川クリーンエイド・フォーラム
(東京都江戸川区)
平成9年5月活動開始。毎年秋の一斉行動日を決め、埼玉県内及び東京都内の荒川沿岸のNPOや市町村に働きかけ、荒川岸等のごみを収集するほか、ごみの種類と数量を調査。参加した小中学生に水質のパックテストを経験させるとともに、自然観察会、投網など、住民が川に親しむ催しも開催。 荒川沿岸の小中学校での環境学習の支援のほか、「川に学ぶ体験活動講師養成講座」開催。平成12年度から「荒川流域水環境シンポジウム」開催。(構成員数200名)
特定非営利活動法人 小川町風土活用センター
(小川町)
平成13年から小川町との協働事業として「生ゴミ循環資源化事業」に取り組み、町内の一般家庭100世帯から小川町が集めた生ゴミをバイオガスプラントで発酵させ、バイオガスと液体肥料を生成。生成した液体肥料は、農家の野菜栽培などに利用され、協力世帯は地域通貨FOODOを使って、有機野菜を購入できる。家庭→生ゴミ→液体肥料→有機野菜→家庭という資源循環が構築された。今後、対象世帯を300世帯に拡大予定。生ゴミの処理費用の削減に結び付けている。(構成員数50名)
5 川口市民環境会議
(川口市)
平成12年度から川口市民に呼びかけ、年に1日のエコライフDAYを実施。不要な電気の消灯、車を使わず自転車か徒歩にするなどのエコライフを心がけ地球温暖化防止のため二酸化炭素排出量を削減する。市や教育委員会、小中学校、企業等の協力を得て実施。実施後、参加者の「一日環境家計簿」を回収し二酸化炭素の削減量を公表している。平成16年度は市民の6%に当たる29,000人の参加を得て、二酸化炭素2.58トン削減を実現。また、16年度は新たに(社)日本青年会議所埼玉ブロック協議会と協力し、参加者を拡大した。エコライフDAYは、県内外の市にも広まっている。(構成員数36名)
6 越谷市環境推進市民会議
(越谷市)
平成13年8月、市民、事業者及び行政の協働関係を基に設立。「地球温暖化を防ぎます」,「生き物の住めるきれいな川にします」などの環境保全に関する12分野68項目の中から10項目の環境配慮行動を宣言した世帯を「ECOこしがや環境ファミリー」として登録。登録は1600世帯を超え、年1回取組結果を自己評価し、実施報告書を提出している。越谷市環境大会を開催し、市民団体や事業者の環境配慮活動の発表及び越谷市環境賞の表彰式を実施。会員である市民や事業者が企画・運営を担っている。(構成員数 団体132団体,個人287名)
7 越谷市立北越谷小学校
(越谷市)
平成4年以来、県レッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている「フジバカマ」の保護と研究に全校を上げて取り組んできた。現在は、4年生が総合的な学習の時間60時間を中心に、移植・増殖や観察・研究を行い、校内の花壇や広場に3,000株のフジバカマを育成している。児童一人ひとりが環境市民としての自覚を持つようになるばかりでなく、同校は「フジバカマ」の学校として地域に親しまれ、住民への株分けや運動会などでのグッズ(フジバカマの枯れ葉を使った匂い袋など)の配布を通じて、地区全体の環境保全意識の高揚に貢献している。(生徒数374名)
8 埼玉県生活協同組合連合会
(さいたま市)
平成12年から、1年前の同じ月と比べ、どれだけ家庭の電気使用量を減らせたかを競う「家庭の電気ダイエットコンクール」を開催。「分かりやすく、気軽に、誰でも参加でき、楽しい取組を」との趣旨から簡単な方法としている。家庭に届く電気使用量の通知のコピーを提出する方法が消費者に受け入れられ、これまでに延べ5,000人が参加。参加者からは家族の絆が強まった、環境問題に関心を持つようになったとの報告が寄せられている。 この取組で、5年間で148,000kwhの節電を達成。これは金額にして約300万円の節約、二酸化炭素換算で56,000トンの排出抑制に相当する。(17生協)
9 さいたま市立宮前中学校
(さいたま市)
平成14年、市教育委員会から「環境教育研究校委嘱」を受けたことなどを契機に環境問題に取り組んでいる。1学年から3学年まで総合的な学習の時間40時間以上を活用して、「環境問題」と「エネルギー問題」を集中的に学ぶカリキュラムを実践。1,2年では研究テーマの選択(2年は、エネルギー)、活動計画の立案、1日調査体験活動、成果と課題の発表会、3年では地域環境美化ボランティア活動などを履修する。生徒の家庭や地域社会と協働しながら、学校を開放して「エネルギー・ボランティアフェア」を開催している。(生徒数611名)
10 自然を守る狭山リサイクルの会
(狭山市)
昭和62年から17年8か月にわたり、毎月資源回収活動を実施。計212回の回収で、集めた資源の総量は、2,102トン、回収で得た収益金は、1,833万円、このうち7割、1,000万円以上をユニセフ、緑化基金、緑のトラスト基金などに寄付。資源回収に合わせて、マイバックキャンペーンや生ゴミの堆肥化などの普及啓発活動も実施。また、周辺自治会や企業にも呼びかけ狭山市内の不法投棄ごみの回収を行っている。参加延べ人員6,364人、回収ごみ累計324トン。市民への普及啓発を目的に「リサイクルだより」を年4回発行。(構成員数 46人)
11 学校法人東萌学園 幸手ひがし幼稚園
(幸手市)
昭和44年の設立以来、「自然の大切さを感じることのできる人づくり」を園児の教育方針の一つとして、「ごみは、ごみ箱へ」の行動の習慣づけ、廃棄物やリサイクルに対する意識の形成を行う。自然と触れあって遊ばせる授業の実施、絵本や紙芝居による環境学習、園児たちによる園内の美化活動、園の農園、ビオトープなどでの自然と触れ合う保育を実施。園児たちに植物や生き物のことを正確に伝えるために教職員に対する植物、虫、水生生物を自主的に学ぶ研修会開催。(職員21名、園児192名)
12 新座市環境保全協力員
(新座市)
市民啓発用冊子を作成するため新座市から委嘱を受けた環境保全協力員(市民総合大学地球学部環境オブザーバー学科修了生)は、平成13年7月から50回以上の会合を重ね、冊子「いつでも明るくエコライフ」を15年3月に完成。「炊事」「買い物」「自転車」など環境にやさしい生活を記述し、主婦層や男性層も含めて呼びかけ、実践活動を促している。市民との「Face to Face]を重視し、町内会、PTA、公民館等でこの冊子を活用して、「エコライフ普及活動」を展開している。(構成員 58名)

【彩の国エコアップ大賞】
番号 受賞者 活動内容
株式会社アドバンテスト大利根R&Dセンター
(大利根町)
 電子機器メーカーで、半導体試験装置の開発、設計、製造を業務としている。平成15年10月に省資源・省エネルギー化、リサイクル、最終処理の安全性及び情報公開を定めた「製品環境アセスメント要領」を制定し、製品の稼働時27%省電力を達成した。工期短縮、工場屋根の断熱化等で前年比約21万KWh(二酸化炭素換算74.7トン)、重油55.4KWh(二酸化炭素換算153.5トン)削減達成。すべての部門においてその実情にあった環境保全活動を展開。会社全体では、平成5年に「地球環境憲章」を制定し、各事業所で取り組むべき「環境方針」を策定。社員への環境教育、廃棄物の分別収集、消灯励行、グリーン購入など全社上げて環境負荷の低減に取り組んでいる。(構成員数357名)
万有製薬株式会社 妻沼事業所
(妻沼町)
医薬品の研究、製造を行う製薬会社である。平成16年中の「生産性改善活動及び事業所相互監査」により、包装廃棄物については生産性改善により26トン(前年比7.6%)の削減達成。粉体廃棄物については同じく31トン(前年比9.1%)削減達成。トイレ・更衣棟に人感センサーを設置し、電気削減を図る。環境活動の基本は社員であることから、新入社員に廃棄物処理体験を含む、1週間の環境安全トレーニングを課している。平成13年から毎年4月に開催する工場開放祭(さくら祭)では、住民に対して工場が実施している環境保全活動の情報公開に努めている。(構成員数350名)
株式会社 ライトシステムパートナー
(狭山市)
地球温暖化問題をはじめとする環境問題の解決にビジネスを通じて寄与したいという思いから設立された節電装置など環境配慮商品の開発・販売会社である。①業務用空調機・冷蔵庫対応の消費電力削減装置は、室内・庫内温度調整することにより消費電力5~30 %削減。 ②Hf蛍光灯用電子安定器は、特殊インバーターとHf蛍光管を組み合わせて使った場合、明るさを変えずに消費電力40 %削減。③高性能水処理凝集剤は、建設現場や食品加工工場の廃水の汚濁除去、BOD,CODの急速低減を実現し、不純物の回収を容易にした。装置に節電効果を数値で表示する工夫を施すなど、利用者に分かりやすい情報提供をしている。(構成員数9名)

 

第5回

【県民大賞】6件
番号 受賞者 活動内容
石 川 友 一
(秩父市)
 石川氏は、県立秩父農工高校在職中から、希少植物ステゴビルの増殖に取り組むなど、秩父地域の自然を守る活動を行ってきた。 退職後、「秩父の環境を考える会」をはじめとする多くの環境保全団体の設立に尽力し、地域の県民活動の活性化に寄与した。  また、自ら秩父多摩甲斐国立公園の森林生態系保護活動に携わるとともに、地元自治体が主催する環境保全講習会の講師をつとめるなど、人々の環境保全意識を高揚するための啓発活動を展開している。
塚 本 秀 貴
(川越市)
塚本氏は、森林ボランティア活動の実践を通じて、高度な専門知識と技術を習得した。現在、森林インストラクターとして、所沢市下富地域でコナラ林再生などの森林改善活動に携わっているほか、枯れ木の伐採講座など、ボランティア初心者を対象とする安全教育や実技指導を行っている。 また、「県民の森」で開催される自然観察会で指導員をつとめており、「森林」・「環境」・「林業」の重要性について参加者を啓発する活動を行っている。
特定非営利活動法人 埼玉環境カウンセラー協会
(所沢市)
同協会の「環境マネジメントシステム研究会」や「環境教育研究会」における研究成果を踏まえて、広く県民を対象とする無料の環境保全講習会を定期的に開催している。 これまで、「環境マネジメント/環境評価プログラム」、「環境教育・環境学習指導者養成セミナー」など18回の講習会を開催し、参加した県民は延べ1,800人にのぼり、啓発地域に偏りを生じないよう開催会場の選定に工夫するなど、環境保全に対して公平な観点から活動を展開している。
財団法人 埼玉県生態系保護協会 久喜支部
(久喜市)
子ども達が成長期に生き物と関わりを持つことが精神発育上非常に重要であることから、同支部では久喜市内の全ての小中学校にビオトープを整備する運動を展開してきた。この結果、平成15年度までに市内の全10小学校にビオ トープが完成した。  同支部では、ビオトープの建設に当たって、企画の立案や施工の指導などの支援を行い、これまでに完成したビオトープは、「農業用水の流れるビオトープ」、「外来種退治のビオトープ」など、それぞれがユニークなものとなっている。
5 埼玉県立滑川高等学校
(滑川町)
平成11年度から12年度まで、「県環境教育研究指定校」の委嘱を受けたことを契機として、身近なごみ問題から、自然の大切さ、そして地球温暖化問題に至るまで、体系的な環境教育を推進してきた。 これまでの活動実績として、ベランダに設置した雨水タンクと太陽光発電パネルを連結した「自然エネルギーと雨水を利用した循環型水耕栽培プラント」、昔ながらの農具を使う「有機農業体験」、「オオムラサキ人工飼育プロジェクト」等がある。
6 さいたま市 みどり愛護会
(さいたま市)
大宮台地斜面から芝川低地に点在する自然林が、放置されることによって暗く荒れた雑木林に遷移しないように、さいたま市の公有地を中心に、間伐、枝打ち、下草狩り等の保全活動を毎月実施している。 あらかじめ植生調査を行い、保存すべき樹木や野草を選別したうえで、下草狩りを手作業で実施している。明るさを取り戻した雑木林の林床や林縁には、在来種の野草が開花する。

【彩の国エコアップ大賞】
番号 受賞者 活動内容
関東三洋セミコンダクターズ㈱羽生センター
(羽生市)
 環境問題に対して先進的に取り組んでいく社の方針に基づいて、これまで、廃棄物のゼロエミッション達成及び排水ゼロシステムの構築などに取り組んできたが、平成15年の春から秋にかけて、全社員が参加して、ヒートアイランド防止対策として注目されている屋上緑化活動を行った。 屋上ガーデン造成のための基礎構成資材には、できるだけ廃材を利用し、水やりには、「排水ゼロシステム」による工場内循環水(再利用水)を使用している。
㈱ジャパンビバレッジ・リサイクルプラザJB
(さいたま市)
自動販売機オペレーターとして自ら販売した商品の空容器を回収・再資源化する責務を果たすため、ダイオキシン等の有害物質を発生しない還元乾流型加熱炉を導入した中間処理施設を建設した。 また、この施設に環境学習室を併設して、小中学生を中心とする環境学習の場として広く開放している。環境学習室で開催される講座に、視聴覚教材を無償で貸し出すほか、要望によってリサイクルに関して解説を行う講師も派遣している。
㈱博進
(越谷市)
安全性及び景観性に優れた屋根材一体型の太陽光発電パネルが開発されたことを受けて、まちなみ景観も重視しながら、太陽光発電設備を標準仕様とする分譲住宅の建設・販売を手掛け、これまでに、吉川市の「コスモタウンきよみ野彩's」及び松伏町の「ゆめみのリヒトパーチェ」の整備に取り組んできた。 同社は、こうしたエコタウン整備に関するノウハウを、都市づくりの研究者や同業他社に提供し、大阪府や香川県など県外において同様の取組が始まるきっかけとなった。  また、海外メディアからも注目され、ドイツ連邦共和国や大韓民国等において、エコタウンの整備が紹介された。
本田技研工業㈱埼玉製作所
(狭山市)
企業活動を通じて地球環境の保全に積極的に寄与し、その行動において先進性を維持するという社の理念に基づいて、これまで、コージェネレーションシステムの導入、照明器具や空調機へのインバーター設置、構内フォークリフトのエンジン燃料のガソリンからLPGへの切り替え、ボイラー燃料の重油から都市ガスへの切り替えなど、地球温暖化防止対策を始めとする環境負荷低減対策を講じてきた。 また、一つの工程の環境影響から事業全体の環境影響を毎年評価するシステム(LCA:ライフサイクル・アセスメント)を構築し、現状の分析に基づいた未来の環境課題の解決へ向けて取り組んでいる。

 

第4回

【県民大賞】8件
番号 受賞者 活動内容
(特定非営利活動法人)エコシティ志木
志木市)
 市民と行政との協働関係を基本として、「循環型まちづくり」を推進している。平成10年に、「緑豊かな循環する社会」と「市民参加のまちづくり」を基本理念とする 「市民がつくる志木市の環境プラン」を策定した。現在、「水と緑のネットワークプラン」など6つのプランに基づいて活動を行っている。
唐沢川を愛する会
(深谷市)
地元自治会での「唐沢川をきれいにして、魚や鳥を呼び戻し、子どもや地域住民の憩いの場をつくろう」との提案が出発点となって、10年間にわたり、投棄物除去作業や堤防路肩の草花育成作業などの唐沢川浄化・美化活動を継続して実施している。 また、地元小学校に講師を派遣し、環境教育に協力している。
埼玉県立久喜高等学校家庭クラブ
(久喜市)
学校家庭クラブ活動として、生徒が主体となって、地域と協働して環境保全活動を実施している。学校周辺の清掃活動や講師を招いての環境講座の実施、リサイクルおもちゃやリフォーム幼児服の製作、エコクッキングの研究、 幼稚園児向け環境学習教材の開発等を行っている。
生活協同組合ドゥコープ
(蕨市)
地球温暖化問題など、これからの環境問題を解決していくためには若年層からの環境学習が重要であるとの考えから、最新の環境教育支援システムに基づいて、環境家計簿の作成、自然観察会及び大気に関する実験などを内容とする 「子どもエコプロジェクト」を実施している。
5 田んぼの学校をつくろう会
(久喜市)
地元小学校の総合的学習の時間に、学校敷地内の遊水池を利用して、自然観察や浄化活動を行う環境学習プログラムを3年計画で実施している。初年度は、ゴミ拾い等を通じて、児童達ができるだけ自然環境に触れる機会を多くし、 2年次以降は、水質汚染度調査等を実施する。
6 東松山・環境市民の会
(東松山市)
東松山市環境基本計画策定に協力した市民が中心となってこの会を設立した。現在は、「水辺」、「有機農業」、「自然と歴史」、「ゴミと暮らし」、「動物愛護」及び「広報」の6つの部会を設けて、 行政との連携を踏まえた地域密着型環境保全活動を実施している。
7 宮代水と緑のネットワーク
(宮代町)
米や野菜の有機無農薬栽培を児童に体験させる環境学習支援活動や希少植物などの調査・保護・再生・啓発活動、及びホタルの里づくり活動など、 代々守り継がれてきた宮代町の豊かな自然を後世に伝えていくための環境保全活動や地域循環型社会の推進を行っている。
8 リパック草加
(草加市)
多くの市民に「自分たちにできる環境配慮型生活」を認識してもらうため、牛乳パック回収活動及び古着・古布回収活動を実施している。また、平成13年には、「ゴミを少なくする暮らし方」など ゴミの3Rについて分かりやすく紹介した啓発用冊子「グリーンコンシューマーのゴミ減量大作戦」を発行した。

【彩の国エコアップ大賞】
番号 受賞者 活動内容
燦クリーン㈱
(所沢市)
 地域の環境保全情報の拠点となるとともに、人々の環境に対する意識の向上を図るため、平成8年から、外部から講師を招いて毎年、市民に開放された環境保全研修会を実施している。会社の会議室を研修会場として提供するほか、 参加料を無料とし、環境保全のための市民・事業者・行政によるパートナーシップを推進している。
大正製薬㈱大宮工場
(さいたま市)
環境負荷の低減及びゼロエミッションの視点から、原薬製造過程で生じる高濃度廃液の発生抑制と自社内処理を実現する新技術を、 生産・企画・環境部門等の社内を横断したプロジェクトチームで開発した。 これは、有害物質等の副産物を伴わずに一般排水へと転換できる画期的な排水処理技術である。
太平洋セメント㈱
(日高市)
都市ゴミ自体を発酵技術を応用してセメント原燃料に資源化するシステムを開発し、平成14年11月から実用化した。 このシステムは、日高市内の家庭から排出されたゴミを、そのままセメント工場で受け入れて、発酵処理を行うもので、このため日高市ではゴミ焼却場が不要となった。
飯能市立加治東小学校
(飯能市)
平成13年度から、環境教育を核とした教育課程の編成を行い、総合的な学習の時間において、学校ビオトープの製作やホームページ同時編集機能ソフトを用いた都内小学校とのサイバー交流授業などを実施した。 また、環境教育推進のための前提として、教員に対して充実した環境問題に関する研修会を実施した。
リンクサーキット㈲
(さいたま市)
活用すれば、中小規模の事業者でも環境経営に役立てることができる「彩の国エコアップ宣言」に着目し、社員全員が参画して宣言を作成した。また、社の環境方針などを規定した「リンクサーキット・カンパニーアジェンダ」 を社員全員が締結し、各自家庭生活においても環境家計簿を作成することとした。

 

第3回

【個 人】
番号 受賞者 活動内容
ト沢(うらさわ) 美久(よしひさ)
(岩槻市)
 長年植物調査の第一人者として、県内の各市町村等の協力依頼により植物調査を実施してきた。また、秩父地域で植物の絶滅危惧種の再発見や新種の発見を行ってきた。植物全般にわたり造詣が深く、県の「さいたまレッドデータブック植物編」の編集等にも関わっており、後継者の育成にも力を入れている。
神座(じんざ) 侃大(まさひろ)
(本庄市)
森林インストラクターや環境カウンセラー等の資格を取得し、林業スクールの開催や森林ボランティアリーダーの養成などで活躍している。 また、本庄市の環境保全活動、生涯学習活動、高校での森林教育を担当するなど多彩な活動を実践している。

【県民団体】5件
番号 受賞者 活動内容
(社)ガールスカウト日本連盟埼玉県第20団
(越谷市)
団委員長 北條住子
 「私のまちの”たからもの”探し」をテーマに、自然環境保護の意識を高める活動を行った。  活動の中で、ケヤキの二酸化炭素吸収量の調査、森林体験を重点に置いた夏キャンプの実施、地域の清掃美化活動、農薬を使用しない土壌の観察、植林体験などを行った。
新狭山ハイツビオトープ事業実行委員会
(狭山市)
実行委員長 松岡 聰
新狭山ハイツ自治会創立25周年記念事業として、団地内の調整池にビオトープ「わくわく自然園」を住民の手作りで造成した。行政や企業からも協力を得て、住民が計画から作業まで自力で建設した。造成作業は、着手から完了まで延53日、延 へ800人日を要した。
特定非営利活動法人21世紀まちづくりの会
(鳩山町)
理事長 青木 茂
町内のモウソウ竹林が間伐されぬまま放置され、山林や家屋に被害が続出したため、当会は、竹林の間伐を無償で行い、間伐材を利用して竹炭及び竹酢液の生産と販売をはじめた。さらに、竹炭を使った中小河川や沼・公園池などの水質改善システムの開発に取り組んでいる。
鳩ヶ谷にトンボ公園を作る会
(鳩ヶ谷市)
代表幹事 鎌奥 哲男
無償で借り受けた約2,000㎡の休耕田に湿地生態園(通称:トンボ公園)を造成して、減少しつつある動植物の繁殖・保護をするとともに、市民の自然環境保護の意識向上と地域の子供たちへの環境教育を実施している。
5 水辺の里を育てる会
(さいたま市)
代表 石原 祥子
市内の公園創設に関して、行政と折衝を重ね、より良い公園づくりを実現させた。現在は、原っぱを残し、生き物と触れあいながら自由に遊べる公園づくり、起伏ある地形を活かし、生態系に配慮し自然を復元する活動や様々な公園内等でイベントの開催などを行っている。

【事 業 者】
番号 受賞者 活動内容
カルソニックカンセイ㈱児玉工場
(児玉町)
工場長 本郷 進
 1999年1月にISO14001の認証を取得し、継続的環境保全活動に取り組んでいる。「ゼロエミッション工場」への取り組みとして、基板廃材のマテリアルリサイクル、一般ガラスリサイクルなどを実行し、2001年11月現在、資源リサイクル率99%、循環リサイクル率61%を達成した。
生活協同組合さいたまコープ
(さいたま市)
理事長 石川 祐司
肉・魚・冷食を加工する製造工場や店舗で発生する端材、商品化できないものや日切れ品等の有機性残さ(生ごみ)からコンポスト(堆肥)を生成している。コンポストは特殊肥料の認可を受け、生産者に供給している。また、コンポストを使用してできた作物は、コープの共同購入、個人宅配や店舗販売で消費者に供給されている。
太平洋セメント㈱
(熊谷市)
専務取締役 河浦 正樹
焼却場から出る焼却残さ(焼却灰とばいじん)を受入れ、セメントの原料として利用する「都市ゴミ焼却灰のセメント資源化システム」を熊谷工場にて事業化した。県内の自治体が構成員である「県廃棄物広域処分対策協議会」を窓口に自治体の焼却灰を受け入れることとなった。
㈱パレスエンタープライズ
(さいたま市)
取締役 古山 大捷
当社が経営する「パレスホテル大宮」から発生する残飯と調理段階で発生する生ごみ(1日平均300kg)をホテル内でバイオ処理して堆肥化し、市内の農家で構成する組合に供給している。農家では、堆肥として農作物に投与したり、土壌改良のために畑に投与している。ホテルでは、この堆肥から栽培された野菜を料理で提供している。

 

第2回

【個 人】
番号 受賞者 活動内容
宇佐美勘作
(秩父市)
 「秩父の環境を考える会」の発足に尽力し、絶滅の危機にある県指定天然記念物「ステゴビル」の保護、調査等増殖活動に取り組み、一部自生地の復元を図った。また、荒川上流の金室地区の自然保護に努め、「水辺の学校」の実現を図るとともに、ごみの不法投棄の監視や分別収集に尽力している。
掛川  繁
(さいたま市)
多数の植物関係の著作を通じて自然保護の普及啓発に寄与し、観察会や講演会などのガイド、講師としても活躍している。また、自宅の圃場で苗木や宿根、球根を育て近隣に配布するなど緑化や花いっぱい運動を率先して推進し、豊かな地域環境づくりに多大な貢献をしている。

【県民団体】3件
番号 受賞者 活動内容
特定非営利活動法人黒浜沼周辺の自然を大切にする会
(蓮田市)
 黒浜沼を保全整備するため、周辺を定期的に清掃し、近隣小中学校等に環境学習の場を提供している。また、自然観察会や野鳥観察会の開催及びホタルなどの水生昆虫・生物やジョウロウスゲなどの絶滅危惧植物の生育環境の整備と保護を行っている。平成12年 12月にNPO法人を取得した。
自然観察大宮フレンド
(さいたま市)
毎月第4日曜日に見沼田んぼにおいて勉強会を開催し、定点観測調査結果を記録している。また、春夏に「大宮の自然に親しむ観察会」を開催している。さらに、平成8年に大宮市と連携して「大宮みどり愛護会」を設立し、運営に尽力している。同会は、緑地公園において下草刈りやごみ拾い活動及びイベント等を行っている。
八国山の自然に親しみつつ守る会
(所沢市)
毎月第4日曜日に森林、林業に関する講習会を実施し、併せて森林インストラクターの志願者に資格取得を支援している。また、所沢市内において毎月林業スクールを開催し、林業技術を指導するとともに、コナラやクヌギなどの雑木林の再生を図っている。一方、エコツアー「やさしい森の学校」を開催し、山野、森林にふれながら自然環境を考える場を提供している。

【事 業 者】
番号 受賞者 活動内容
埼玉日本電気㈱
(神川町)
 廃棄物ゼロエミッション計画を平成12年4月に達成した。電機部品用トレー・リールの再利用、納入用梱包箱の通い箱化や従業員の意識改革を徹底して行っている。製品設計時においても「梱包材の再資源化・減量化」等に関するアセスメントを日常管理業務の一部とし、再資源化・減量化に考慮している。
パイオニア㈱所沢事業所
(所沢市)
平成8年にISO14001の認証を取得した。全所で省エネとCO2排出量の抑制に取り組み、平成17年にゼロエミッションの達成を目指している。また、リサイクル率の向上、消費電力削減を実施するとともに、製品に対しリサイクルしやすい構造、リサイクル可能率の向上、有害物質の不使用などを行っている。グリーン購入にも努めている。
㈱ピックルスコーポレーション
(所沢市)
浅漬けメーカーとして地球環境保全を経営の最重要課題と考え、製品包装材の材質変更から取組を開始し、省エネルギー、省資源、廃棄物の削減等へと活動を広げてきた。平成11年には、食品業界として初めてISO14001の認証を全事業所一括で取得した。また、生ごみ減量プラントにより野菜くずの97%以上を減量化するとともに、環境報告書等を利用して積極的に情報公開を行っている。

【奨 励 賞】
番号 受賞者 活動内容
騎西町立種足(たなだれ)小学校
(騎西町)
 6年生を対象に、「総合的な学習の時間」の中で環境教育を行った。児童が数名のグループに分かれて自ら課題を見つけ、関係機関への聞き取り、現場確認、図書館やインターネットを活用した調査を実施し、4・5年生に結果を発表するなど体験を重視した学習により豊かな心で、よりよい環境を創造する児童の育成を図った。

 

第1回

【個 人】
番号 受賞者 活動内容
小澤 泰
(川口市)
 退職後に取り組む活動を探す中から環境問題に興味を持ち、身近な取組として家庭での生ゴミ処理に取り組むほか、緑のボランティア活動、地元の環境保全団体への参加等、様々な環境保護活動に参加している。
斉藤 勇
(騎西町)
緑の推進員として、自然観察会のリーダーとして啓発活動を続けるほか、地元小学校の環境体験学習を指導している。また、ゴミ減量に協力するため、生ゴミ処理に取り組んでいる。

【県民団体】3件
番号 受賞者 活動内容
綾瀬川を愛する会
(川口市)
 日本で一番汚れた川の汚名返上のため、綾瀬川堤防の清掃活動、水質検査を行っているほか、自然とのふれあい学習会・自然観察会の開催、リサイクルバザー、会報の発行等を行っている。
霞ヶ関西小科学クラブ
(川越市)
小畦川及び周辺の環境調査、植物観察等を行い、環境に対する子供たちの意識を高めるとともに、環境保全への積極的な活動につなげている。学校の観察池を自然に近いものにして、微生物・水生植物の環境再生を図る活動や昆虫や野鳥の観察など、自然との触れあいや遊びをとりいれた活動を取り入れている。
別府沼を考える会
(熊谷市)
別府沼周辺の市の公園整備への提言・協力を行い、石積の護岸を実現した。沼の浄化のため、生活排水の浄化を市民に呼びかける運動とともに、清掃活動を続けている。また、湿性生植物ヒメシロアザサ(絶滅危惧種)等の保護育成、観察会や他団体への指導を行っている。

【事 業 者】
番号 受賞者 活動内容
埼玉日本電気㈱
(神川町)
 ISO14001を1997年に取得。製品の設計時に「環境にやさしい製品づくり」を実践するため事前評価(アセスメント)を実施。全社員への環境教育を進めるとともに、ゼロエミッションへの取組を2001年度を目標に推進している。また、「環境マニュアルレポート」の発刊やケナフ栽培にも取り組んでいる。
明協電機㈱埼玉営業所
(所沢市)
雨水を資源として有効利用するため、社屋屋上の雨水の濾過装置を開発して中水(水洗トイレ、散水等)として利用している。また、敷地内地面に降った雨を地下水涵養のため、地下へ浸透させる装置を設置し、環境保全に努めている。
リコーユニテクノ㈱
(八潮市)
循環型生産システムへの構築を図り、環境行動計画を策定。1996年にISO14001を取得。地球温暖化防止のためCO2削減に取り組むほか廃棄物ゼロを平成11年に達成。他社からの研修の要請や見学会を受け入れるとともに、彩の国環境指導員を養成し、ボランティア活動体制を確立した。

<< 戻る